地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」和歌山市

和歌山ランチめぐり

gli+cafe(グリタスカフェ)「自家製フレッシュトマトソース◎オムライス」

サイフォンで丁寧に淹れる珈琲が自慢。珈琲好きの親子が夢を叶えて開いたカフェ。(和歌山市新中島)



まいぷれ和歌山スタッフが、和歌山市内を中心に気になるランチのお店を取材する「和歌山ランチめぐり」。今回は、和歌山市新中島の「gli+cafe(グリタスカフェ)」を取材してきました!

バター香る◎ふわとろたまごの「オムライス」。

「gli+cafeのオムライス」 990円(税込み)
大盛り+150円
セットドリンク+330円(珈琲、紅茶、ジュースなど)

 

【ランチのおすすめポイント】

2023年3月にオープンした当初から、連日お客が絶えない人気のカフェにお邪魔しました。頂いたのは、お店定番メニューのオムライス。
良い香りが漂う作り立て熱々オムライスの、たっぷり掛かったトマトソースだけを先にスプーンでひとすくい。ほのかな甘みの中にしっかりと酸味が残るソースで、さっぱりとしたトマトの風味が口に広がります。
すくい上げるとびよーんと伸びるツヤツヤ黄金色の卵、その訳は中にチーズを入れて焼き上げられているから。ふわふわとろっとなめらか食感に、チーズが良いアクセントとなって程よい塩気とコクが加わっています◎
その中に包まれているのは特製バターピラフ。バターをたっぷり使われているそうですが、ピラフ仕立てだからか全然くどくなくてホロっと軽い口当たり。具は玉葱とベーコンのみというシンプルさだからこそ、ご飯の風味が際立っていました。
それぞれはそんなに濃い味付けではないのに、バターピラフにとろっとした卵が絡んでまろやかになり、トマトソースの酸味が卵の甘みを引き立てる。そして3つが合わさると相乗効果でさらに旨み倍増です!
食事メニューは他にも、その時々の素材を使った「シーズナルプレート」や「おすすめパスタ」に加えて期間限定の丼メニューも。サンドイッチやトースト、ワッフルなどの軽食も充実していますよ。お店自慢のコーヒーと一緒にご堪能下さい◎
       

【店の雰囲気】

・デザイン事務所が手掛けたシンプルモダンな店内は、壁二面が総ガラス張りで明るく開放的。
・広い空間に、4人掛けと2人掛けテーブル席、壁面ソファ席など、約60席。カウンター、テラス席もあり。(ペット不可)
・広い道路に面した、目立つ大きな建物。駐車場は店前に17台分あり。

  

【お店からの一言】

いつか親子でカフェを開くことが夢でした。昔からコーヒーが好きで、美味しいコーヒーを飲んでもらいたいというのが原点。ご注文を受けてから豆を挽きサイフォンで淹れ、香りを逃さない形のオリジナルカップでお出ししています。
スイーツや軽食のメニューもコーヒーに合うように考えており、特にお勧めなのがさくふわ生地のワッフル。バターとメープルシロップのシンプルなものから季節の果物を使ったものがあります。甜菜糖ときび糖で炊き上げた自家製あんもぜひご賞味下さい。
『gli+cafe』の名前にはそれぞれ意味があって、「g」はサイフォン、「li」は親子の形、そして「+」はここでの出会いを通じて人の輪が広がり幸せが大きくなることを表現しています。「食」「人」「空間」を通してお客様の心を満たし豊かにしたい、私達の想いです。

   

まいぷれスタッフの一言コメント!

またまたオシャレなカフェが出来ましたよ。コーヒー以外のメニューも豊富で、朝10時から11時半まではバタートースト(ハーフ)とドリンクが500円というお得なセットも!また、ドリンクはテイクアウトも出来るみたいなので、気軽に立ち寄れますね◎
元々焼き鳥屋さんだった建物はなかなかの大きさ。こじんまり始めようと考えていらしたので戸惑いもあったそうですが、これもご縁、と踏み切ったそう。結果、きっと大正解。店名に込められたように、人々の輪が大きく広げられることでしょう◎

(くう*)

 

店名gli+cafe (グリタスカフェ)⁡⁡⁡⁡
住所和歌山市新中島134−3
電話073-488-6775

※取材時点の情報です。掲載している情報が変更になっている場合がありますので、詳しくは電話等で事前にご確認ください。