地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」和歌山市

気になるあの店@和歌山

気になるあの店@和歌山名物?「焼きカレー」誕生の謎に迫る!

アポロ(十番丁)・喫茶チクエイ(東ぶらくり丁)

2016/10/11

和歌山のちょっと個性的なお店や気になるお店にアポなし突撃取材しちゃう「気になるあの店@和歌山」のコーナー。

まちで暮らしていると、 「話には聞くけれど実際には入ったことはないお店」とか、「前を通るとき気になるけど、なかなか入る勇気が出ないお店」ってありますよね? でもそんな店にこそ、普通に暮らしていると気づきにくい不思議な魅力があったりするのものです。

そんなちょっとディープな和歌山のお店に、 まいぷれ編集部スタッフが一歩踏み込み、地元民ならではの目線で発信していきます。

和歌山の「焼きカレー」は、少し変わった焼きカレー?!

さて、はじまりました「気になるあの店」のコーナー。
今日も和歌山大学観光学部の長戸さんと突撃してきた二軒をレポートします。

さっそく一軒のお店の前で首をかしげる長戸さん。

ーー「和歌山の焼きカレーは少し変わってる??」

一般的には焼きカレーはグラタンなどで使用する容器に入れ「焼いている」カレーを想像しますよね。しかし、この「アポロ」ではそんな常識が覆される…との情報にワクワクしながら突撃取材してきました!!
外観には、大きく「名物 焼カレー」の文字。
店内に入るとテーブル席とカウンター席が並んでいて、カウンターの奥にはたくさんのフィギュアが並んでいてアットホームな雰囲気。テレビが2台並べられ、お昼時のサラリーマンがランチを食べに集まっていました。
さて、気になる「焼カレー」、たしかにありました!!しかもトッピングも選べるということで、まいぷれスタッフSはスタンダードに「焼カレー(トッピング無し)」。長戸さんは「焼カレー(唐揚げトッピング)」を注文してみました。

10時間煮込んだカレーが決め手、アポロの「焼カレー」。

ドドンッと運ばれてきた焼カレー!!! これは、焼き飯とカレー!?!?

ーーなるほど、お店の前に書かれた「名物 焼カレー」は、焼き飯の上にカレーがかかった「焼カレー」だったんですね。確かに情報通りの“常識を覆す”ビジュアル、そしてボリューム。

では、気になるお味は…。
長戸さんがまず一口頬張ります。
ん!?!?
おいしい~!!
「焼き飯」と「カレー」がそれぞれ独立している食べものなのに、一緒に食べるとカレーに包まれた焼き飯が主張しすぎず、一つの「焼カレー」になっていて、まさかの相性のよさ…!
焼カレー(トッピング 唐揚げ)<br>
焼カレー(トッピング 唐揚げ)
トッピングで選んだ唐揚げは、竜田揚げ風のしっかりとした衣。かぶりつくと鶏肉からジュワ~と肉汁が出てきてこれがまた「焼き飯」とも「カレー」とも合うんです。焼き飯には福神漬けではなく紅生姜が添えられていて、焼き飯だけの単品でも十分美味しい。
焼カレー(スタンダード)
焼カレー(スタンダード)
焼き飯には、豚、ネギ、玉ねぎ、卵などよく中華屋さんなどで目にする具と味つけ。カレーは、サラサラとしたルーに牛肉などが入っていました。どちらもボリュームがあるので、ランチの時間帯に男性が多く来店されていた理由が分かったような気がします。

医科大学の先生から生徒までみんなに愛された焼カレー

オーナーの林裕之さんにお話をお伺いすることができました。



ーーーこのお店はいつからオープンされたのでしょうか?

創業70周年を迎えました。僕は、もともと現在の三井住友銀行の立体駐車場になっている土地で、「喫茶 ジミー」という喫茶店を営んでいました。そのあと、親が経営していたこちらの店舗を40年前に引き継ぎ、名前を変えお店をオープンしました。店名のアポロは1970年頃話題になった宇宙船アポロからとりました。


ーーー看板に「医大生に親しまれた」とあるのはなぜなのでしょうか?

アポロの名物「焼カレー」は、実は和歌山医科大学で働いていた先生が「こんな料理を作ってくれ」と言ってリクエストされたことから始まり、先生をはじめ生徒や看護婦さんまで注文が殺到したため、「医大生に親しまれた」と書いています。


ーーーお客さんが勝手に作っちゃったんですか!?

そうなんです(笑)。現在ダイワロイネットのホテルがある場所は、元は和歌山医科大学がありました。そこで働く先生はとても忙しいため、ご飯を食べる時間が非常に短かったそうです。そこで目の前にあるこの「アポロ」に出前を頼んでくれていたのですが、「焼き飯の上にカレーをかけてください。」という先生からのリクエストがあり、作ったところ大変気に入っていただきいろんな人が噂を聞きつけ注文してくれる内に名物になったという訳です。


ーーー凄い発想ですね!短時間でご飯を食べるために生まれたなんて(笑)

そうですよね。”冷めても美味しく食べられるもの”を考えたそうです。医科大学以外のお客様に慣れ親しんでいただくまでは、本当に時間がかかりました。「焼きカレー」のメニューを見て、焼いたカレーがでてくると勘違いしたお客様に「こんなモノ食べられるか!」と怒られたこともありました。


ーーー焼カレーとラーメンのセットはオリジナルですか?

はい。和歌山名物の中華そばをセットにつけることで、ボリュームいっぱい食べたい男性にも喜んでいただけるセットにしました。セットメニューを出した当時の値段から値上げはせず、地道に頑張っています。




2軒目は次のページへ
→焼き飯にカレーがかかっているお店が、もう一軒!?

人気のキーワード