地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」和歌山市

わかやまサイクリング情報

自転車でつながる和歌山 NO.3

毎月第1水曜に更新する「わかやまサイクリング情報」のコラムコーナー♪

少し寒くなってきましたね。今がサイクリングにはいい季節ですよ。

11月のサイクリング情報はサイクリングを始めるためのススメを提案させていただきます。

 

サイクリングに必要なもの

1.自転車

当たり前ですが自転車に乗らないとサイクリングは始まらないので、自転車を用意しましょう。どんな自転車にすればいいのか。よく聞かれるのですが。自分が一番乗ってみたい自転車でサイクリングを行うのが一番です。速いとか、最新とかあまり気にしないで乗りたい自転車を用意しましょう。ママチャリで走っても立派なサイクリングです。


2.ヘルメット

ヘルメットは嫌っている方が多いです。でも私は必ず自転車にはヘルメットを被ることを推奨します。特に、スピードが出る自転車は絶対。最近では、ママチャリなど、ゆっくり走る方は頭部を保護するクッション性の保護具なども人気です。自分は事故をしない。こけないと思っている人でヘルメットをかぶらないと思っている人がいましたら、考え方を変えてください。「もし、自分がぶつかった相手がヘルメットを被っておらず、頭をぶつけてしまったら・・・」「大切な人・子供がヘルメットを被らず、事故してしまったら・・・」ヘルメットは思いやりです。相手のため、大切な人のためにも正しい着用こそが重要だと思います。


3.走ろうと思う気持ち

ほかにもライトやカギなどいろいろあるかと思いますが、実はこれが大事だと思います。自転車よりも車のほうが楽。自転車はしんどい。いろいろ負のイメージを言い訳にして乗らない方へ自分を向けてしまいますよね。すべて忘れて、自転車に乗りましょう。季節を感じ、秋の紅葉を楽しみながら、ゆっくり散歩するように走りませんか。自分の行きたい方向に自由にペダルを回してください。きっと明日から新たな気持ちで生活できるようになると思います。

3つの必要なものを今回書いてみましたが、安全対策用品や盗難対策、ドレスアップ、機能強化など自転車にはただ乗り物としての機能以外にも、さわる楽しさ、集める楽しさなどもあります。特に自転車を自分でさわれるようになると、愛情たっぷりのバイクになります。ちなみに、私はパーツをバラバラで購入し自分で組んでいます。愛情を注ぎすぎて走るのがもったいないと思っちゃいます。ちょっと変態ですね・・・

自分で自転車をさわれなくても、好きな自転車を用意して、近くの自転車屋さんでこれでサイクリングがしたい。と相談してみてください。自転車屋さんに言いにくい場合はWCP(和歌山サイクルプロジェクト)に相談してください。楽しいサイクルライフを提案させていただきます。


WCP(和歌山サイクルプロジェクト)Facebookページ

https://www.facebook.com/wakayamacycle/

そういえば、これから始めるサイクリストの方、和歌山のサイクリストの方、サイクルツーリズムが好きな方に吉報です。

11月の毎週土曜日にJR和歌山線でサイクルトレインが走っています。

今まで遠くには行きにくかったサイクリストの皆様、ぜひサイクルトレインを使って冒険してみてはいかがでしょうか?

詳しくはJR西日本のHPhttps://www.westjr.co.jp/press/article/2017/10/page_11264.html
を確認してください。

ライター・編集者

和歌山サイクルプロジェクト(WCP)代表 ニシバ(ニックネームです)

自転車王国を民の力で作るために日々活動中。自称和歌山一の自転車大好き人間です。

編集後記

サイクリングシーズン突入中にマラソン挑戦中のニシバです。

よく、サイクリングしてみたい。自転車って高いよねって言われますが、好きな自転車で好きに走ればサイクリングです。って答えます。はまっちゃうとウン十万円の自転車がほしくなりますよぉ~…多分

この記事に関するキーワード