地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」和歌山市

わかやまサイクリング情報

自転車でつながる和歌山 NO.5

毎月第1水曜に更新する「わかやまサイクリング情報」のコラムコーナー♪

寒い冬でも走れる和歌山

あけましておめでとうございます。

かなり遅くなってしまいましたが良いお正月を過ごすことが出来ましたでしょうか?私は元旦から高野山へ自転車で登りに行ったのですが途中で凍りついた道を見て諦めて引き返してきました。12月に高野山でスリップしコケてしまったので今年は安全第一でサイクリングをしようと思っています。ということで、新年第一弾は寒い冬でも走れる和歌山の紹介をします。

 

1、紀の川サイクリングロード

 
和歌山下津港を起点とした橋本市までの約60kmのコース。年に数回しか雪が積もらない紀ノ川沿いにある一部自転車専用道路を含む平坦なコースです。何よりも走りやすい!そして山脈に挟まれた川を眺めながら見る景色は最高です。多くの人が冬でも走る定番コースになっており、和歌山のサイクリングコースの代表にもなっています。紀の川サイクリングロードを冬に走るコツはトイレや休憩ポイントを事前に知っておく必要があります。走りやすい反面、休憩や食事をする場所を通り過ぎてしまいがちです。いつものサイクリングより多く休憩しながらゆっくり走るのがおすすめです。

2、白崎海岸

 
雪なんてあるのか!?
暖かい海風にあたり、温暖な気候の白崎周辺。風が少し強いけど真っ白な岩にびっくりしながら気持ちよく走れる道。近くには山もあり冬はこの辺りをメインに走るといろいろ楽しめます。国の『重要伝統的建造物群保存地区』に選定されている湯浅の町並みと合わせて1日ゆっくり走るのがおすすめです。坂道も少しありますが、山、海、岩、島など様々な景色を楽しめる好きスポットが多く、食事も楽しめます。

 

3、すさみ~串本


雪は・・・降らないでしょう。

すさみ町観光協会(和歌山県)は毎年2月に恒例のキャンペーン「寒さ料お返しします」を行なっています。JR周参見駅で毎日午前7時に気温を測り、1度を下回れば、前日からの宿泊者に宿泊半額券をもらえるとのことです!!協会加盟のうち、キャンペーンに協力する民宿やホテルなど5施設が対象です。
「暖かい町」をアピールするため、毎年取り組んでいるとのことで、協会の職員が測定した気温は、ホームページ等でアップされています。半額券は1泊2食付きで、同じ施設で7月末まで使える。団体客は対象外。(過去の情報より。詳しくはHP参照:http://www.aikis.or.jp/~susami-k/event/samusaryou/index.html
ネットで調べると、これまでに基準を下回ったのは2012年2月3日と、2001年2月17日。計264人が「寒さ料」を受け取ったとのことですが。貰える確率低すぎますね。逆を言えば自転車天国の紀南地域!!冬のサイクリング旅行は和歌山の紀南地域がおすすめです。

まだまだ、たくさん紹介できる場所はあるのですが和歌山は温暖で海風があるのでタイミングがあえばホントに暖かいです。年中サイクリングをできる和歌山は冬でも乗れます。では、次回もお楽しみに!

和歌山サイクルプロジェクト(WCP)代表 ニシバ

 

自転車王国を民の力で作るために日々活動中。自称和歌山一の自転車大好き人間です。

編集後記

年末から年始にかけてサイクリング初めた仲間が増えました。特に女性サイクリストが最近増えてきた気がします。まさか!?・・・年末年始で増えた体重が気になる人が多いのかも。ワタシは日々体重増加中!!

この記事に関するキーワード

人気のキーワード