地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」和歌山市

ママタイムズ

「ことばと音楽療法」って知ってる?

お子さんの「ことば」を促すきっかけに!保護者のみなさんの意向で、なないろ保育グループの児童発達支援に導入された『ことば音楽療法』をご紹介!

2020/02/03

こんにちは、かおちゃんママです。子育ての取材でママ達にお話を聞いていると、お子さんの成長・発達について気になる、悩んでいるというママにお会いする時があります。
特に気になるのが『ことば』。
・大声があまり出ない子。
・コミュニケーションがうまく取れない子。
・自閉症気味の子。

・単語は出るけれど会話に繋げられない子など。
子どもそれぞれ個性があり、成長の仕方もさまざまですが、わが子のことは気になってしまいますよね。
今回は、なないろ保育グループの児童発達支援のプログラムの一つ、『ことば音楽療法』をご紹介します。

ことば音楽療法ってなに?

和歌山ではまだあまり知られていませんが、大阪や兵庫の児童デイサービスや放課後デイサービスなどでは積極的に導入されています。
日本語には、古来よりわらべうたでもみられる♪ラ・ソ・ミの音を使った独特の抑揚があります。ことば音楽療法は、この抑揚をベースにメロディに載せたもので、ことばの習得と発達を促す上で効果を上げた活動をメソッドとして体系づけたものです。小さいお子さんでも楽しみながら能力を伸ばすことが出来ます。

ことば音楽療法士さんご紹介!

ことば音楽療法士の古庵(ふるあん)さん(写真左)と水尻さん(写真右)

はじめは、ギターの音に合せてごあいさつ

お子さん一人一人のペースに合せてごあいさつします。
先生が何度も同じメロディで言葉を繰り返すのを、黙っている子もじっとしていない子も聞いています。

「あ・い・う・え・お」の母音発語

次はピアノに合わせて「あ・い・う・え・お」のことばを促します。
音に合わせて「♪あーーーーーーーあ、あ、あーーー」という感じで一つのことばを長く、何度も出すことで、子ども達も声に出しやすくなるんですね。

「ケーキをとる」の2語文

可愛らしいケーキが2つずつ配られます。メロディに合わせて「♪ケーキをとる」と歌いながら一人一人ケーキを取っていきます。子ども達全員がケーキを取り終わるまで歌い続けます。ケーキを取り終わったら「♪ケーキをとった」に変わります。
「ケーキ」ということばを音に合わせることで「ケ、-、キ」に分解して言いやすくしているんです。そして耳で聞く「ケーキ」ということばと目で見る「ケーキ」、そして実際ケーキをとる動作が繋がってイメージしやすくなるんですね。
「ケーキをとる」、「ケーキをとった」、「ケーキとケーキ」、「ケーキをかえす」など同じフレーズを使って、少しずつ違う2語文に慣れていきます。
ケーキと同じメロディで子ども達が大好きなあのキャラクターに変えてやってみました。
続けていくと実際の動作と耳で聞く言葉、者の名前が一致するんですね。

新幹線が出てきたよ!1・2・3・4・5数字の読み方や数え方

みんな指を指したり、前に出てきたりと興味津々です♪
新幹線が1台、2台...........全部で10台。

1回のことば音楽療法のトレーニングの中で、子ども達が大好きなキャラクターや、乗り物、動物、食べ物などがたくさん出てくるので、じっとしていられない子や興味を持たない子でも、自分の好きなものが出てきたときは積極的になる場面も。
みんなそれぞれ好きなものややりたいことが違います。その子の個性を大事にしながらプログラムを進めます。

次は体を動かしましょう!!

お子さんの中には、じっと座ってられない子もいます。でもそれは、座っていることに動揺して不安に感じている場合もあるんですって。お子さんの中には、立っている方が落ち着く子もいるんですって。

次は、バルーンを使ったトレーニング。それまでのプログラムに興味を示さなかった子がバルーンになると笑顔になったり、お子さんそれぞれのペースで参加します。みんなで一緒にリズムを合わせて一つのバルーンを動かすことで共に行動し、力を合わせて取り組むことを覚えます。

なないろ保育グループで「ことば音楽療法」を導入した経緯は?

もともとは、言葉や発達に悩んでいる方のために言語療法士さんにお願いして来てもらおうと考えていたそうなんですが、幼い子ども達なので、“楽しく言語を促せたら”と、保護者さんからの意向で「ことば音楽療法」をなないろ保育グループに導入することになったそうなんです。
現在は月に2回ほど「ことば音楽療法」のセッションを実施。年齢やその時参加する子ども達の課題によって内容を変えているんですって。

お子さんの言葉や発達で悩んでいる保護者さんへ

音楽やリズムを通して発語を促し、文字や数の習得など、学習能力の向上を図る療育「ことば音楽療法」。コミュニケーションをとる方法として、言葉は大切な役割を担っています。言葉だけがコミュニケーション方法ではありませんが、色々な意味で「伝える」、「伝わる」喜びを少しでも感じてもらいたいと思っています。
お気軽にご相談ください。

音楽療法士・歌唱療法士・ことば音楽療法士
古庵(ふるあん)優子

【TEL】090-5016-8345
【Mail】otono.heya.yuko@gmail.com

発語から知育まで~ことば音楽療法~基礎セミナーのお知らせ

【日時】
令和2年8月2日(日)
10:00~16:00

【会場】
和歌山ビッグ愛 12階1203号室

【料金】
5000円

【定員】
20名

イベントの詳細はコチラから

なないろ保育グループの児童発達支援

なないろ保育グループの『児童発達支援』は、親子分離。見て、聞いて、指示理解、運動能力、知的能力、社会性、情緒性の発達面をサポートし、心身の発達バランスを整えながらお子さん一人一人の特性の強みを伸ばすことができる療育が特徴です。
お子さん一人一人と向き合い、お子さんのペースで集団活動にも馴染んでいけるよう、基本的な動作や知識を効果的な指導と訓練を通して習得できます。
他のお子さんと比べたり、一人で悩んでいるお母さん、ぜひ一度なないろ保育グループにご相談ください。