地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」和歌山市

今日のランチ。迷ったらココ! 和歌山 ランチ めぐり

料理旅館 一木「和歌山ジビエステーキプレート」|海南市下津町

歴史と伝統を重んじつつ、地域の拠点となるべく新たな取り組みも始めた、創業130年を越える老舗料理旅館。

まいぷれ和歌山スタッフが、和歌山市内を中心に気になるランチのお店を取材する「和歌山ランチめぐり」。今回は、海南市下津町にある「料理旅館 一木を取材してきました!

絶妙の焼き加減◎鹿肉のステーキプレート。

「和歌山ジビエステーキプレート」
「和歌山ジビエステーキプレート」
「和歌山ジビエステーキ(鹿肉)プレート」 2,000円(税込み)
ライス(おかわり可)
大盛野菜
ポテトサラダ
二種のハム
白身魚のフライ

 
【ランチのおすすめポイント】
歴史ある老舗料理旅館で頂いたのは、和歌山で捕れる鹿肉の「ジビエステーキプレート」。運ばれてくる前から、食欲をそそる良い香りが漂ってきます。
温かいうちに、という言葉を受けてお箸をステーキに伸ばします。一噛みして驚いたのは、その軟らかさ。
とろけるとかホロホロといった食感とは違うのですが、筋っぽさがなくて程よい弾力を感じながら味わううちに、気付けば無くなっているという。
脂身が少ない鹿肉は、熱を加え過ぎると硬くなってしまいがち。きっとじっくり丁寧に焼かれているのでしょう。表面がパサつくこともなく独特の旨味が広がります。
「牛タンの様な」と仰られていたのが頷けますね◎ほんのり苦味のあるデミグラスソースが良く合っていました。
自家製ポテトサラダもタルタルソースも、どこか懐かしさを感じる洋食屋さんの味。明治時代の空間と相まって、まるで“文明開化”を体感しているようでした* 
        
【店の雰囲気】
・紀州徳川家の菩提寺、長保寺の参道沿いに建つ明治時代の建物。(登録有形文化財に申請中)
・館内は当時の面影をそのまま遺し、旅館であった棟も健在。披露宴などが行なわれていた広い座敷もある。
・食事は4~8人掛けのテーブルと椅子が配置された個室で頂く。大広間は間仕切りも可能。
  
【店主からの一言】
昨年、三代目であった叔父の跡を継ぎ、約5年ぶりに再開しました。今は、40年以上洋食屋を営んできた私の父が腕をふるっています。
著名な文化人や政界の要人にご贔屓にされてきたのは、お客様のプライバシーを尊重し心安らぐ時間を提供してきたからだと。これからもその理念と、130余年続く歴史を守り続けたいです。
ここ下津町は山あり海あり国宝建造物あり、景色も素晴らしいのどかな所です。近い内に茶寮もオープンさせる予定ですので、散策がてら気軽にお立ち寄り下さい。
 
【まいぷれスタッフの一言コメント】
一木さんは現在、茶寮オープンのため地域の拠点作りのため、クラウドファンディングを行なっています。ぜひそちらを検索されてみて下さい。私の文章では書き切れない四代目の想いが丁寧に綴られています。
ゆくゆくは旅館も再開させたいとのこと。時代が変わっても後世に受け継がれるべきものがきっとある…そう思うのです*
(くう*)
店名 料理旅館 一木(いちき)
住所    和歌山県海南市下津町上292     
電話  073-492-0988

2021/10/31