地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」和歌山市

和歌山産八朔の簡単デザート紹介

 和歌山マリーナシティホテルのニュース

和歌山産八朔の簡単デザート紹介
和歌山マリーナシティホテル、従業員Tです。
私はフルーツ王国和歌山で生まれ育ったので、昔から果物は、特に柑橘類に関しては親戚や知人から頂く事が非常に多く、今回もたくさんの八朔を頂きました。

八朔はそのままでも充分美味しいのですが、なにぶん少人数家族なもので、なかなか全部食べようと思うとかなりの日にちがかかります。で、毎年頂いたら、保存するためにいろいろと試しています。

今回ご紹介するのは、ウイスキー&砂糖に漬けたデザート、そして八朔ジャムです。

・頂いた八朔を全部外皮をむき、中身の袋も剥いて身だけにします。
※約40個ほどあったのをひとりでむきむきしたら、約4時間くらいかかりました…。

・その剥き終わった身を、ウイスキー漬けにするのと、ジャムにするのを適当に分けます。

ウイスキー漬けにする分は、タッパーに入れ、上から砂糖・ウイスキーをお好みに応じて振り入れます。
(ウイスキーは、香り付けの為だけですので適量振り入れ、いい香りがすればOKです)

・まんべんなくかき混ぜて冷蔵庫へ。※この時点で味見をして、甘味が足りない様でしたらもう少し砂糖を足して、再度かき混ぜてください。冷蔵庫で二日ほど寝かすと美味しくなります。

====================

ジャムはむき身をミキサーにかけ、2~3回まわし鍋にとります。
(ツブが残らない方がお好みでしたらもう少し回す)

・お砂糖(結構多めに)を入れ最初は中火で煮、ブツブツと沸騰してきたら弱火にして、出てくる泡はお玉ですくい取ります。
※約1時間位煮詰めます。(量により加減してください)

・別容器に入れ(熱いうちはまだシャブシャブで柔らかいです)、フタを閉めずに冷まします。

・冷めたら冷蔵庫に入れ保存。※小瓶等に小分けしたら便利です。

今回八朔ジャムを、当和歌山マリーナシティホテルのベーカリーショップ「カテリーナ」が誇る食パン「リッチパン」1切を、半分は焼かずに生で、半分はトーストにして八朔ジャムをたっぷり塗って頂きました。 どちらもたいへん美味です!

またウイスキー漬けの八朔は、ヨーグルトにトッピングして頂きました。

====================

可愛いガラスの食器に八朔漬だけを入れても、オシャレなデザートで夕飯をグレードアップしてくれますよ!
暑い夏、来客にお出ししてもたいへん喜ばれます。
(八朔は春の果物なので、夏は「甘夏・夏蜜柑」でも応用できますので是非試してみてください)

あっさりと、大人向けの夏にぴったりのデザートです。

カテゴリ

ホテル・旅館[ホテル・レストラン・ブライダル]

和歌山マリーナシティホテル

最新のニュース一覧へ