地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」和歌山市

よさこい チームピックアップ

【新チーム紹介】十兎(ジット)

紀州おどるんやが始まる前に、もっとチームの事が知りたいって方のために「十兎」を詳しくご紹介します!

2017/07/18

まいぷれ和歌山で毎年お届けする「おどるんや 紀州よさこい」の最新情報!今年ももちろん、お届けしますがその前に!紀州よさこいに参加するチームのこと、もっと詳しく知りたくないですか?? ひとつひとつグループの魅力が溢れ、面白く、輝くチームがたくさん参加します♪もっとチームを知りたいって方は、ぜひチームピックアップをチェックしてみてください。
今回紹介するのは「十兎」。
欲張りなチームがみせる、演舞は少人数であってもパワフルです♪
今回代表の津越さんにお話しをお伺いしました。
2017/7/18

十兎(ジット)

ーー欲張りで負けず嫌いなメンバーが集まったチーム、十兎。

十兎は、中学生から入会できるチームですが、現在1人高校受験のため、メンバー全員社会人で活動しています。皆んなそれぞれ抱える事情の中、プレッシャーに考えず、楽しくマイペースに活動しています。
私が元々別のよさこいチームで踊っていた際に、やりたい事が増えすぎて自身のチームを立ち上げることを決意。その時に声をかけたのが私の妹家族だったのでメンバーの半数が家族という構成でスタートしました。また、十兎のチーム名の由来は「あれやりたい」「これやりたい」という私の気持ちを調べた時に「十兎」という言葉に行き着き、ピッタリだと感じたためチーム名に決定しました。
【十兎に入ってよかったと思うところって?】
私たちのチームは、現在5人とかなり少人数体制ですが支え合って日々成長していると感じる部分です!大所帯のチームだと基本振り付けは上層部が決め、他メンバーに教えていくところがほとんどですが、私たちはチーム全員で振り付けを考えたり意見を出し合っています。入ったばかりの新しいメンバーも、振り付けの良し悪しを伝えてくれるので、お互い意見を取り入れながら進んでいます。そういったチーム意識が入ってよかったと思える部分です。

【チームとしてこだわっている部分は?】
サブ曲を1年に1回必ず変更し、メインとサブ曲の2つを常に持ち、ステージに挑むことをこだわっています。サブ曲はあまりよさこいで使用されないような洋楽やボーカロイドなど、よさこいを知らない人でも親しみを持てる楽曲を使用しています。サブ曲は1年に1回の変更を決めています。意外性を持って、メイン曲とはイメージを変えるようなものを提案していきたいと思っています。

【どんなところが紀州よさこいの楽しいところ、魅力ですか?】
紀州よさこいは、いろいろな県の特徴を織り交ぜ、たくさんの「色」を見ることができます。それは、小道具であったり衣装にも現れています!なので、飽きることが無い。そこが紀州よさこいを楽しめるポイントじゃないでしょうか♪

【十兎の衣装を選ぶポイント】
今年は曲に合わせて「颯爽感」をポイントとし、袖の裏面には空をイメージしたデザインを取り入れています。また、帯には大旗にも使用しているうさぎのマークを入れ、後ろを振り返ると旗との一体感を感じられます。合わせて、大事にしているのは衣装の着心地、素材選び(洗濯可能なものを選んでます)です。やはりすぐに洗えて手間がかからないっていうのは、主婦である妹と私からのアイディアで皆んな喜んでくれています!

【十兎は今後どんな目標がありますか?】
今はどちらかというとファミリーチームという概念が大きいように感じます。なので、もっともっと色々な場所で演舞を披露し、「このチーム面白い!」「入りたい!」って思ってくれるように知名度を上げていき、メンバーを増やしていきたいと思っています。

【最後に、夏の本番に向けて意気込みをお願いします!】
今年から少人数チームが対象のU-30という賞ができたので、私たち欲張り十兎も受賞を狙っています。メイン曲はメンバーが歌詞とメロディを考え、こだわりぬいた自信のある楽曲です。サブ曲も今年は吉田兄弟×Monkey Majikの「Change」を使用していて、メイン曲もサブ曲も格好よく仕上がっています。西の丸のフリーステージでもタイミングが合えば持ち込んで踊るので、ぜひ十兎を見つけて欲しいです♪
夏の本番までに改善を重ね、さらに良い姿をお見せしますので、ぜひご期待ください。
基本情報
チーム名:十兎(ジット)
代表者:津越 初実
チーム情報はこちら>>クリックしてね