地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」和歌山市

ママタイムズ

海南市に新しいこども園と子育て支援センターが誕生!!

4月からスタートする「海南市立みらい子ども園」。新しいだけじゃなく子ども達や保護者が安心できる施設かな?ママ目線でレポート!!

2018/01/09

こんにちは、かおちゃんママです。今回は、2018年4月から開園する海南市の認定子ども園「海南市立みらい子ども園」をご紹介します。どんな工夫がされているの?子ども達が安心して通えるかな?など気になることをレポートしてきました!実際にみらい子ども園にお子さんを預けるママの声も聞いてきましたよ。
完成した認定子ども園「海南市立みらい子ども園」(海南市日方)

4月の子ども園開園の前に、まずは日方保育所がお引越ししてきました

「海南市立みらい子ども園」は、海南市西部の日方保育所、室山保育所、日方幼稚園、黒江幼稚園の4つの公立の施設が統合します。市の中心部にある旧海南市民病院跡地に、総事業費18億円余りをかけて2016年3月から建設が進められてきました。
2017年12月には落成式と内覧会が行われ、2018年1月から日方保育所の子ども達の利用が始まりました。

みらい子ども園の中をご紹介、色々な工夫がされています!

駐車場・駐輪場付近。
初めて入る人は押したり引いたりしてしまうかも!?これスライドドアなんです。
入ってすぐの職員室。何かあればすぐに声を掛けられます。
クラスごとの靴箱。段差があまりないので脱ぎ履きしやすい。
配膳室は、中の様子がよく見えます。安心・安全な美味しい給食をお願いします♪
1階廊下。L字型の園舎は、園庭側がすべて大きなガラス窓や扉!光が差し込んでとても明るいです。廊下も広いので開放感がありますね。
こんな可愛らしいトイレなら楽しいイメージを持てますね。
エレベーターも完備。いざという時絶対必要ですよね。
園舎は広いので、廊下を端から端まで歩くとけっこういい運動になります。お部屋は間違えないように。
各部屋の入口はほとんどが引き戸で、入口が広いので、大人数の移動もスムーズです。
2階の様子
小さな子ども達もこの窓なら外がよく見えるね!
入・卒園式や発表会、体育館としても使える大きなスペースも!
広い道路に面した門には防犯カメラも。
こちらは「子育て支援センターみらい」と「病後児保育室みらい」の建物。

津波や地震などの防災対策に一番力を入れている印象を受けました

みらい子ども園が建設された海南市日方地区は、津波の被害が予想される警戒地域。
すぐそばの海南市役所が高台に移転したこともあり、「なぜここに子ども園を?」という声も少なくありませんでした。それだけにみらい子ども園の園舎の各所には、いざという時のための防災対策がされています。
1階の各部屋からは園庭にすぐ出られます。子どもが遊ぶ時スムーズなのはもちろんですが、地震時の避難場所として園庭が使われるので、「どの部屋からもすぐ外に出られる」というのは子ども達の安全上とても重要なポイントです。
子ども園の屋上に続く長い階段。たくさんの人数で移動することや、津波時の最も安全な避難経路を想定して作られているんだろうな、と思いました。
災害に備えて屋上には高置水槽や自家発電装置、備蓄倉庫なども設置されている。
屋上。最善は尽くされているとはわかっていても、“大丈夫”とは言えない母心。子ども達がここを使う事がないことを祈ります。

みらい子ども園についてママたちに聞いてみた

----子ども園でいいなと思うこと、期待する事は?

・人数が増える事で、子ども達の刺激になる。
・新しくきれいな建物で設備も整っている。
・防災対策をされている
・今までより充実した保育をしてもらいたい
・低年齢児保育や一時保育などのニーズに対応してもらえる

---では、心配なこと、前の方が良かったと思うことは?

・幼保一体がどんな感じか心配。
・終わってから園庭で遊んで帰れなくなった。
・ママ同士のおしゃべりや情報交換の時間が減った。
・木が一本もない!自然のもの(葉っぱ、どんぐり、虫)と触れ合う機会が必要だと思う。
・遊具が少ない。

ママにとっての子ども園

「ママにとっての子ども園=大切な子どもを保育してくれる場所」なのは当然なのですが、毎日忙しいママ達にとって今までは、保育所や幼稚園でのママ同士の情報交換や何気ないおしゃべりは、とても貴重な時間だったと思うんです。
小学校就学前のお子さんとおうちの方が気軽に遊びに行けて、子育ての悩みや情報交換もできる「子育て支援センターみらい」も隣接されていますが、働くママは行けませんよね。
「送り迎え」というほんの隙間の時間だったとしても、同じ子育て中のママの友達が出来たり、子育ての悩みを共有できることもあります。
子ども園の場所に引越しして、終わってから園庭で遊んで帰ることができなくなりました。それと共に、ママ達が子どもが遊ぶのを待たずに済むようになり、他のママとおしゃべりする時間もグンと減りました。すぐ帰れば用事もはかどるけれど、できれば交流できるスペース(部屋を1つ開放してくれるとか)があるといいなと思います。
海南市みらい子ども園

【開園】2018年4月より
【定員】270名
【住所】海南市日方
【お問い合わせ】
海南市くらし部子育て推進課保育係
和歌山県海南市南赤坂11番地
TEL:073-483-8582
FAX:073-483-5010



人気のキーワード