地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」和歌山市

ママタイムズ

ママさんブラス 和~なごみ~

子連れの練習OK、ママさんに優しいブラスバンド「ママさんブラス和(なごみ)」は音楽によってほっとできる温かい場所です。

2016/11/30

こんにちは、かおちゃんママです♪
今回は、和歌山初のママ達によるブラスバンドママさんブラス和~なごみ~」をご紹介します!
“学生時代ブラスバンドをやっていたママ”や“楽器の個人レッスンを習っているけどみんなで演奏したい!”というママが集まって演奏できる場所。
そこには素敵な音楽と、子ども達への優しさ、仲間と一緒に演奏できる喜び、楽しさが溢れていました♪

海南市「一灯舎」での練習の様子。

みなさんMy楽器を運びこんで練習準備。お子さんのことや楽器のことなどおしゃべりしながら。

「ママさんブラス~和~」では、ティンパニーなど一部の楽器を除いては、みなさん自分の楽器で演奏しています。ドラムセットやユーフォニューム、チューバなどの大きな楽器も自分達で運んで準備されていました。練習場所の一つ、海南市の「一灯舎」のホールはカーペットが敷いてあるので、フルートやクラリネットなど管楽器のみなさんは、座って楽器を組み立てながら仲間とおしゃべり。話題はお子さんのことや楽器のことなど、とても楽しそうでしたよ。

お子さん連れで参加しているママが多くて驚きました!

「ママさんブラス和」の練習には、思っていた以上にたくさんの子ども達が来ていました。「子連れOK」とわかっていてもなんとなく連れて行きにくい場所もありますが、ここは違うようです。
子ども達はママの準備をお手伝いしたり、ママの横でドラムを叩いたり、おもちゃを広げて遊んだりしていました。ブラスバンドの練習場所はスペースが広いので狭い部屋でじっとしているのと違って、子ども達も居心地がいいのかもしれませんね。
楽器や譜面台がたくさん並んでいるので小さい子は危ないのでは?と少し心配していたのですが、そこはママ達のブラスバンド、ちゃんと心得ています。子ども達の動きに気を配りながら、上手に楽器を楽しんでいました。

さぁ、練習が始まりました!まずはチューニング、大きくて温かい音に包まれる感覚♪

実は私、かおちゃんママも中学時代ブラスバンドでクラリネットをやっていまして、この練習が始まる時の空気感、みんなで音を鳴らす感じが久々でワクワクしてしまいました。みんなでチューニング(音の高さを合せる)、ロングトーン(一音を長く伸ばして吹く)などをして曲の練習に入ります。
この日は、土曜日ということもあり、23~25名の方が練習に参加されていました。
12月18日(日)市民会館で行われるファミリーコンサートで演奏する曲の練習です!大人も子どもも楽しんでもらえる選曲をみんなで考えるそうですよ。子ども向けの曲はもちろんですが、大人も聴き応えのある曲や演奏する自分達がやりがいを持てるような飽きの来ない選曲も心掛けているそうです。

曲の演奏が始まるとぞわ~っ!と鳥肌が立ちました!間近で聴いていたのもあるでしょうけど、大きな温かい音に包まれている感覚。みなさんにもぜひコンサートで感じてほしいですね♪

市民会館練習でも感じた「ママさんブラス和」の魅力

後日、市民会館市民ホールでの練習にもおじゃましました。
平日だったので参加人数は少なめでしたが、大迫力の「真田丸」のオープニングテーマやアニメソングメドレーなどコンサート本番に向けてみなさん熱心に演奏されていましたよ!
そんな練習の間には、ママさんブラスならではの「子どもたちのいろいろなハプニング?」が起こります。がさがさする、大きな声を出す、ぐずったり、オムツ替え、授乳などなど。この日もママのトランペットを引っ張ったら自分に当ってしまい痛くて泣いてしまう、グズってママから離れられなくなるなど。
何かあると少し中断する時間ができてしまうのですが、驚いたのはその場の雰囲気がとっても温かいこと。
子どもに対してメンバーみんなが大らかに接してくれるから、子連れで来ているママ達は神経質にならずにいられます。

メンバーにも、子どもにもすごく優しく接してくださる指揮者の上田実先生

2009年から「ママさんブラス和」で指揮者をされている上田実先生。練習中、子ども達のことで少し中断して間が空いたときも楽しいおしゃべりで場を和ませてくださったり、演奏についても熱心でありながら温かく指導してくださる素敵な先生です。
上田先生はもともと中学校の音楽の先生で、数々の吹奏楽部の顧問としてご活躍されていました。そんな上田先生に、私はふと疑問に思ったことを質問してみました。

--- 中学の部活と違って、仕事や用事などで参加者や楽器のパートの人数が日によってバラバラですが、本番までに曲を完成させるのは大変じゃないですか?

「大丈夫、みんな楽器の経験者ばかりですし、できる力を持ってるからコンサート本番にはちゃんと仕上げてくるんですよ。」

---ママさんブラス和の指揮者はどうですか?

「とても楽しいですよ!子ども達も可愛いし、みんなが優しい気持ちを持っているのでバンドはとてもいい雰囲気ができていると思います。」

お話を聞きながら“上田先生が指揮されているからこそメンバーのみなさんも「和」でいられるんだろうなぁ...。”としみじみ感じました。

「ママさんブラス」だけど男性メンバーも参加されていました!

「ママさんブラス和」は、男性の方だけの入団はできませんが、団員のご家族なら大歓迎なんですって♪ホームページを見て、ご夫婦で入団されたというメンバーもいらっしゃいました。
男性陣はまれに、コンサートの楽屋が小さいなど、ちょっぴり肩身の狭い事はあるものの、音楽をする面では何も問題ないと思います。ご夫婦で一緒の趣味を楽しめるのって羨ましいですね。

おんぶしながら頑張るママ達「好きだからできること」

子育て中のママ達が「趣味を楽しむ」と言っても、子ども第一!楽しむためにはいろいろな準備や工夫、「子どもにも自分にも無理せず楽しむ」気持ちが必要です。
でも一番大事なのは「やりたい!」という気持ち。好きなことだからちょっと大変なことがあっても続けられるんですよね。メンバーのみなさんは本当にとても和やか。だけど同時に、「演奏が好き!!」という情熱が伝わってきました。


「ママさんブラス和」団長の前田美希さんからメッセージ

まいぷれ読者の方へ

ママさんブラス和は、子連れでも大好きな吹奏楽をしたい!というママ達が集まって活動しています。
一般のバンドとの大きな違いは、子連れで練習できること。子どもの動きも見ながら、先生の指揮も見ながら、楽譜も見ながら、みんなで和やかに楽しく練習しています。
赤ちゃんから高校生まで幅広い年代の子どもがいるので、先輩ママからいろいろと子育て情報を教えてもらったり、子ども同士がいつの間にか仲良くなっていたり、毎回の練習が楽しみです。
幼稚園・保育園、子育て支援センター、病院等の施設への訪問演奏や、年一回ホールでのコンサートも行なっていて、演奏を楽しんで聴いてもらっているのを見ると、日々の疲れも吹っ飛びます。
この記事をお読みいただいて「私もまた吹奏楽やろうかな」と思ったママさん、いつでも見学大歓迎なのでご連絡お待ちしています♪
♪♪♪♪ お知らせ ♪♪♪♪

ママさんブラス 和~なごみ~
第8回 ファミリーコンサート
2016年12月18日(日)

13:00開場  13:30開演
和歌山市民会館 小ホール
入場無料

子供から大人まで楽しんでいただける吹奏楽コンサートです。
赤ちゃんもOK!
ご家族、お友達お誘いあわせの上お越しください。

曲目:オブラディオブラダ、真田丸のテーマ、ジュウオウジャー、魔法つかいプリキュア、赤鼻のトナカイ 他

お問い合わせ:ママさんブラス和 
前田さん
TEL:090-4280-5800
nagomi_wakayama@yahoo.co.jp
※電話は8:00~20:00、できればメールでお願いします。

ママさんブラス和ホームページ


 
◆◆◆取材後記◆◆◆
 
中学の時、ブラスバンド部だったが私は自分の楽器を持っていません。続けていこうという気持ちがないなら高価な楽器は宝の持ち腐れだから。でもこの取材をきっかけに、自分の楽器があれば「ママさんブラス和」に入団できるのにー!と思ってしまった。そう思ってしまうぐらい「ママさんブラス和」は楽しそうだった。
家に眠っている楽器をお持ちの皆さん、大人になってあの頃よりブラスバンドが「楽しい♪」と思えるかも知れませんよ!試しに今度のコンサートに足を運んでみてはいかがでしょうか?

ライター紹介

まいぷれ編集部 かおちゃんママ

2人の男の子の母。“ママ達が知りたいことって何だろう?”とあれこれ考えながら取材に出かける日々。
色々なママ達のお話を聞きたいので、見かけたら気軽に声をかけてくださいね♪

人気のキーワード