地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」和歌山市

今日のランチ。迷ったらココ! 和歌山 ランチ めぐり

みんな大好き!揚げ物、天ぷらガッツリ系ランチまとめ|和歌山市

和歌山市のみんなが大好きな、チキン南蛮、ミンチボール、串かつ、天ぷらなど、ガッツリ系ランチをまとめました。

和歌山市のみんなが大好きな、チキン南蛮、ミンチボール、串かつ、天ぷらなど、ガッツリ系ランチをご紹介!
※2017/10/時点の取材情報となっております。

【未病健康・つぶらカフェ三番丁店】

【ブリカツランチ 1,300円 】ブリは有名な近大マグロを作っている近大グループから仕入れた『近大ブリ』を使用。和歌山で食べる事が出来るのはここだけ!一般的なブリとは違い、身体に良い栄養素が豊富なのに、コレストロールは低め。油は米油を使用し、常に新しい油で揚げていて一口食べるとサクッと軽く、甘酸っぱいソースと良く合います。日替わりのスープはわかめとキノコの優しい味のスープ。

【こたま食堂】

【日替わりランチ 864円】この日のメインはミンチカツ、サイドにサラダ・小鉢・味噌汁・ご飯のセットでした。全て一から手間ひまをかけた手作りランチで、夏の暑い季節には少しサッパリとした味付けなどを意識し作られているそうです。和歌山産のお米をはじめ、和歌山の食材を使用しまさに地産地消。栄養たっぷりなランチをバランス良く楽しめます。小ぶりサイズのミンチカツや、全体的に多めの野菜が女性や子どもにも嬉しいポイントです!

【Ries Cafe (リーズカフェ)】

【日替わりランチ 850円】メインのチキン南蛮、スープ、野菜サラダ、十穀米または白米がついてくるボリュームたっぷりのランチです。お料理はすべてオーナーの手作り。野菜多めで、家庭的な味付けになっているので体に優しく、毎日通う方もいるほど。メインのチキン南蛮はむね肉を使い下処理をしっかりしているので、お客様からは「やわらかくて食べやすい」と大好評。副菜やサラダ、野菜スープなども野菜のうまみを活かしつつ、少し手間を加えて誰にでも美味しく頂けるよう工夫されています。

【串カツ専門店 芸術屋・串藝】

【豚定食 1,000円】 身体に優しく、栄養満点の油・キメの細かいパン粉で揚げた串カツ。串カツのお皿に盛られているサラダなどは、全て自家製。料理一品一品に店主のこだわり抜いた食材が並びます。外はさっくさく、中は柔らかくてジューシーなロース・ヘレの串カツ、シャキシャキで味が染み込んだ自家製サラダ、ごはんに合う赤だし、全てが大満足の定食でした!

【素食カフェRen(ソショクカフェ レン)】

【本日の精進ごはん定食 1,200円】まず、大豆ミンチのメンチカツをいただきました。一口かじると、サクッとした衣のあと野菜と大豆ミンチのモチモチとした食感はまるでお肉を食べているような、しっかりとした味わいと美味しさです。次に、カレー粉と一緒に揚げられたエリンギは、歯ごたえがよくプリプリとしていて、スパイスの香りが食欲を刺激します!食前のスムージーには小松菜と4種類のフルーツ、優しい味付けの薬膳スープには、健康食品としても注目をされているクコの実がはいっていたり。スライスしたソイミートを使った金平牛蒡、緑豆ビーフンの中華風サラダなど、野菜を美味しく食べるアイディアが詰まった料理が並びます。

【揚げたて天ぷら ころも】

【ボリュームランチ 680円】ボリュームランチは、(ちくわ+イカ+鶏ムネ+豚ロース+野菜数種類)の、揚げたて天ぷらが次々と運ばれて来て、まさにボシューム満点。全品ご飯お味噌汁付きですが、5月のゴールデンウィークから8月末までは、このご飯とお味噌汁がお好みで夏季限定「ざるそば」へと変更することが可能です。

2018/01/31

人気のキーワード