地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」和歌山市

まいぷれママの子育てあのねっと

頑張る子育てママと地域をつなぐ「あのねっと」。編集部メンバーも子育て真っ最中の現役ママ。
ママ目線で取材した情報をどんどん紹介していきます!

子育て支援情報

育児講座「かんぶつの魅力をつたえる」(海南市子育て支援センターきらら)

みなさんこんにちは!毎日子育てや家事などお疲れ様です。
子育て支援センターでは、0~3歳の未就園児の子ども達とおうちの方を対象に毎月育児講座を開催しています。今回は、6月14日、海南市の子育て支援センターきららで開催された「かんぶつの魅力をつたえる」をレポートしたいと思います!
お子さんやご家族の成長・健康に役立つ食材「かんぶつ」の魅力をたくさん教わりましたよ♪

育児講座には16組の親子が参加。子ども達とっても元気でしたよ!

海南市沖野々にある子育て支援センターきらら
この日の育児講座には16組の親子が参加してくれました。お話が始まるまで子ども達は自由におもちゃで遊びます。ボールプールやおままごと、滑り台など楽しいおもちゃがいっぱいです。ママ同士もおしゃべりしながら情報交換。育児講座、もうすぐ始まりますよ~♪

講師は「かんぶつマエストロ」野田智也さん

まずは子ども達に麩を使ったお菓子「ベビーふーちゃん」のプレゼントをしてくださった野田さん。
まずは子ども達に麩を使ったお菓子「ベビーふーちゃん」のプレゼントをしてくださった野田さん。
今回の育児講座の講師は、株式会社野田商店専務取締役であり、乾物を使ったスイーツのお店「3時のかんぶつやさん」店主の野田智也さん。野田さんは全国で25人しかいない、和歌山県では第1号となる、かんぶつマエストロ上級の資格を取得されているんです!!
各メディアにも度々紹介されているのでご存知の方もいらっしゃると思います。
野田さんはかんぶつの魅力を伝えるべく、幼稚園・保育園・小学校への出張授業も積極的に行っており、子ども達がたくさんいる場所での講演もちゃんと心得てくださっていて、ママ達が気軽に聞けるよう、わかりやすくお話してくださいました。


7ヶ月頃からの赤ちゃんのおやつに最適な「べびーふーちゃん」。にんじん粉末・ほうれんそう粉末を加えたふ菓子。高タンパクで消化が良くカルシウムが多く含まれ離乳食にも使えます。
口の中に入れると優しい甘さがあって、すぐに溶けるので、とっても食べやすいです。子ども達も気に入った様子でした♪

優れた食材「かんぶつ」。子ども達の食事に取り入れていますか?

「かんぶつ」と言えばパッと出てくるのが、昆布、わかめ、ひじき、高野豆腐、乾椎茸、切り干し大根などですが、ただ乾燥させているものが「かんぶつ」というわけではないんですって。
かんぶつの定義は、
水分が飛んで乾物になることでうま味成分と栄養分が増すものをかんぶつと呼ぶのだそうです。
みなさん、かんぶつはよく使っていますか?かんぶつは一見地味で、手間がかかる、味付けがいつも一緒になる・・・などマイナスのイメージもありますが、実は縄文・弥生時代の化石からも発見されるぐらい古くから今もなお使われているすごい食材なんです。それだけ日本人の体に必要とされる魅力があるってことなんですよね。






かんぶつ食材それぞれにギュっと凝縮された栄養とうま味!

例えば「麩」は、植物性たんぱく質が豊富、低カロリーで消化吸収にも優れた体に優しい食材です。野田さんが幼い頃、おばあちゃんから「頭が良くなるから麩を食べなさいね!」と言われたそうです。麩の原料であるグルテンには、脳の中で情報を伝える神径伝達物質の材料「グルタミン酸」が豊富で、学習能力アップや、記憶力の維持に役立つんですって。

それから、「かんぶつ」の苦手ランキングで常に上位の「乾しいたけ」
実は、生しいたけの10倍近くのビタミンDが含まれていて、カルシウムの吸収を助ける働きがあります。しかも低カロリーな上、食物繊維などもたっぷりで、メタボ予防や、ダイエットの強い味方にもなるんですよ!

~子ども達の心と身体の健康を守ること、ママができること~

「天然のうま味や香りに対する感受性を小さいうちから舌と脳に記憶させていくことは、一生の健康管理に役立ちます。」 ~日本かんぶつ協会 会長 家森幸男氏より~
 
欧米型の食生活が普及し、若年層でも肥満や偏った食生活による生活習慣病が多く見受けられるようになってきました。
「子ども達が健康でいてほしい・・・」親なら誰しもがそう願うはずです。では子ども達が一生健康でいられるためにできることって何でしょう?
実は、小さい頃の食事がとっても大切なんです!たとえ嫌いな食材でもすぐには食べてくれなくても「経験を積ませてあげる」、「味覚を教えてあげる」。嫌いな食材は小さくカットしたり、潰したりしてもいいんです。おいしく栄養のある食事を作ることは毎日のことで大変ですが、ママが子ども達の健康のためにしてあげられるプレゼントなんです。

「かんぶつ」をもっと気軽に使うポイント!

透明のビンなどに入れて目に見える所に置いておく。
(特にふりかけるだけ、和えるだけ、刻んでいれるだけ・・・ができる食材は積極的に利用してみてください。)
簡単レシピで家族が食べたいかんぶつメニューを見つけてみる。
かんぶつをスイーツに使ってみる。


最後に「ひじきのシフォンケーキ」のプレゼントもありました♪

現代っ子に不足しがちな鉄分・食物繊維などが豊富な「ひじき」。
現代っ子に不足しがちな鉄分・食物繊維などが豊富な「ひじき」。
お話の最後に、かんぶつを使ったスイーツ「ひじきのシフォンケーキ」を1カットずつ頂きました!美味しかったですよ♪
やわらかくてふわっふわ!ほのかにひじきの風味がしますが、これなら子ども達もぱくぱく食べてくれそうですね♪

今回の海南市子育て支援センターきららの育児講座「かんぶつの魅力をつたえる」。
楽しい雰囲気の中で、「かんぶつ」についてたくさん知ることが出来ました。
参加したみなさんも簡単・上手にかんぶつを取り入れながら、お料理の幅も広がりそうですね!
今後も、ママや子ども達に役立つ育児講座が開催されると思います。(内容は毎月変わります。)
みなさん、お気軽にご参加ください!


子育て支援センターきらら詳細はこちら
あのねっとトップへ戻るあのねっととは?
  • イベント情報
  • 公園案内
  • ママタイムズ
  • 色育を学ぼう
  • サークル紹介
  • 習い事・お稽古
  • 絵本箱
  • 子育て応援ショップ
  • 子育て支援情報
  • 病院・薬局一覧
  • 誰か教えて!
  • お出かけレポート

人気のキーワード