地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」和歌山市

キラリ☆和歌山人

西口正敏さん:温泉のカリスマ(花山温泉マネージャ)

2012/07/24

和歌山の観光でなくてはならないものの一つ「温泉!」
そして、その温泉をキーワードに和歌山を元気にしたいと日々努力をされている「温泉のカリスマ」こと花山温泉マネージャーの西口正敏さんをご紹介します。
花山温泉といえば、和歌山市にある天然炭酸温泉。日本で最も濃い温泉の一つで、温泉マニアはもちろん、全国各地からその効能を求めて訪れる人が後を絶たない人気の温泉です。
濃~い温泉ゆえの苦労話、温泉のカリスマって何?などいろいろお聞きしたいと思います!
「地域の観光に役立てれば」と西口さん
「地域の観光に役立てれば」と西口さん
まいぷれ まず、気になる「温泉のカリスマ」とは?・・・

西口 温泉愛好会(大阪観光大学)から認定を受けています。
温泉のカリスマは温泉観光地や温泉旅館の発展を意図して地域・産業・文化の活性化に貢献している人材のことです。

まいぷれ 西口さんがカリスマに選ばれたのはどんな理由からなんでしょう?

西口 ・地域の「食・浴・行」を知ってもらいたい。
・温泉マニアの方や歴史好きな方にもっと和歌山の温泉を楽しんで頂きたい。
・地域の健康増進にも貢献したい。

そんな思いからいろんな活動をしています。
その一つが大阪観光大学の皆さんと一緒に和歌山~泉南の温泉を結ぶ「紀泉修験道」を盛り上げる計画です。

「地域を思う気持ち」が温泉のカリスマに認定された理由でしょう。
他にも、この花山温泉の持つ「濃さ」にも理由があるんですよ。
温泉スケール(析出物)を削ったもの
温泉スケール(析出物)を削ったもの
花山温泉は超濃厚温泉(鉄分、カルシウム、マグネシウム、炭酸を大量に含む)ゆえに「温泉スケールという析出物が大量に出ます。

ほっておくと、半年以内にすべての配管や排水溝、温泉の源泉井戸が詰まってしまうほどなんです。
・・・なので温泉スケール(析出物)は削岩機でまめに削っています。

維持管理が難しい花山温泉ですが、ほとんど設備業者を入れず、私自身とスタッフ 独力で修理・メンテナンスを行っているんです。

まいぷれ 
温泉にはもともと興味はあったんですか?

西口 子どもの頃から何でも好きなことにのめり込んでいく性格だったんですよね。
高校のときバイクに出会ってからレースのとりこに。10年間鈴鹿を中心にレーサーとして活躍しました。

その後はスキーにのめり込みました。スキーに行きがてら温泉を探しては入る行為を繰り返すうちに、温泉が好きになり、地元和歌山の花山温泉に入社したんです。

レーサー時の経験からボイラーや機械、配管ばらしての修理などはお手のもの。
「自力でメンテナンスを行うことで、エコと省エネが実現したんです!」

皆で意見を出し合い、どこまでできるのかエコと省エネを楽しみながら工夫を続けています(^_^)。

(花山温泉でのエコと省エネ、主なもの)
(1)水道水の節約

2本の井戸以外に、雑用水を使用し、雨水を溜めてろ過し、浴場洗浄などに使用。
(2)ボイラーの小型化
全ての給排水のラインや湯の沸かし方を変更したことで、本当に小さなボイラー1機または2機で営業。夏季や暇な時は1機のみで運転できるので燃料を節約。
(3)太陽熱と排水熱の利用
給水温度をあげるため。
歴史ある花山温泉の良さを守りつつ、常に新しい発想と工夫で運営している西口さん。

温泉・観光以外にも和歌山の皆さんの健康増進に役立ちたいという思いで
スポーツレクリエーション吹き矢の教室も開校。

これからも西口さんらしいやり方で和歌山を盛り上げていってくださいね!!!

花山温泉ホームページ


スポーツレクリエーション吹き矢に関する情報はコチラ
↓↓↓
日本レクリエーション協会和歌山県

人気のキーワード