地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」和歌山市

イチオシ情報

【告知】町全体が会場!第五回フェス型映画祭「Kissh-Kissssssh映画祭2017」

2017年9月16・17日に第五回を迎える映画イベントが開催されます。最大6会場をしようし、懐かしい町の雰囲気と映画鑑賞を楽しめます!

Kissh-Kissssssh映画祭とは、和歌山市加太で行われる“日本初”町全体を会場になるフェス型映画祭。2017年は9月16・17日に開催五回目を迎えるそうです。会場は人口3,000人の小さな漁師町。日中は空き家などを使い6会場を用意、夜は砂浜のそばにあるグラウンドで波の音と流星も流れる満点の夜空のした、野外上映を行います。

地域の魅力を生かした、新しい映画の楽しみ方!

2013年から始まったKissh-Kissssssh映画祭は、第一回目より加太にある空き家を借り上映をスタート。加太の持つノスタルジックな雰囲気と地域のもってる歴史や特有の臭いの残る場所として、敬意を払いながら同時に空き家活用や地方での文化・エンターテイメントの可能性を伝えようというもの。

上映作品は、選りすぐりのインディペンデント映画と名作・注目映画を30作品以上を上映!さらに、全国の自主制作映画の制作者より応募があったものを実行委員が厳選し、上映します。また、自主制作監督やメジャー映画監督、映画評論家、配給会社プロデューサー、音楽アーティストなどのゲストも登場やトークイベント、ライブも行われる予定です。

自主制作映画コンペティション部門、観客が選ぶ最高の一作品

年々増加する作品応募に、クオリティも高くメジャー映画と比べても遜色のないものばかり。そんな多彩な上映作品の中で観客がそれぞれ投票を行い、作品のグランプリを決定します。長編部門・短編部門・アニメ部門それぞれ1作品で副賞に賞金、賞品(加太の海産物)が授与されます。グランプリに選ばれた作品は17日野外上映も行われる予定です。さらに、今年から初めて最優秀女優賞・最優秀男優賞が投票も開始します。

【長編部門】
「ACTOR」  株式会社ラ・セッテ 様
「幸せ屋」  安楽 涼 様
「自由を手にするその日まで」  天野 友二朗 様
「真白の恋」  坂本 欣弘 様
「ミスムーンライト」  松本 卓也 様

【短編部門】
「ガチャガチャ」  松本 動 様
「最後のデート」  鈴木 勇輝 様
「離れても離れてもまだ眠ることを知らない」  霞 翔太 様
「真夜中モラトリアム」  磯部 鉄平 様
「私の処女を買いたい人はいませんかー?」  フィル・メッキー 様

【アニメ部門】
「おおみそか」  西村 有理 様
「Square apartment」  永谷 優治 様
「なぎさのカサーレス」  袴田 くるみ 様
「ポルタージャ」  藤原 智樹 様            (50音順)
開催日:9月16日(土)9月17日(日)
時間:両日 10:00~22:00予定
場所:和歌山県和歌山市加太(町中に点在して多数会場があります)
※料金・上映作品は決まり次第追加発表いたします。

お問い合わせ
企画 運営 Kissh-Kissssssh映画祭2017