地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」和歌山市

イチオシ情報

“お店をもっと知って欲しい” 利用客のアイディアで外壁と花壇をDIY企画で一新!

和歌山市駅近く中央通沿いにある「DOCH 手作りお弁当」。お店の外観を一新させるため、お客さんが集まりDIY企画を開催しました。

2017年6月4日に、和歌山市駅から徒歩6分・中央通り沿いにある「DOCH 手作りお弁当」で外壁塗りのDIY企画が開かれたので、まいぷれ和歌山が取材してきました。
塗り替える前のDOCH 外観
塗り替える前のDOCH 外観
企画当日は満員御礼!子どもから大人まで10名以上の参加者が集まりました。手袋とエプロンをつけ、早速外壁塗りが開始されました。
下地から開始され、外壁を隙間なく塗っていきます。参加者は交代で刷毛を手に、下地を恐る恐る壁に塗りすすめ真っさらな刷毛の感触や、塗料を壁に塗る感覚を楽しんでいました。プロのペンキ屋さんにも手伝っていただき、下地塗りが完成するころには小さな子どもたちは、腕や顔も白くさせながら笑顔で刷毛を取り合うほど。
下地を交互に塗る参加者
下地を交互に塗る参加者
白い下地を塗ったあと、ドア部分はブルーに色を塗って仕上げていきます
白い下地を塗ったあと、ドア部分はブルーに色を塗って仕上げていきます
大きな刷毛と小さな刷毛を使い分け、暗い印象だった壁色が見る見るうちに“白く明るい色”に塗り変わり、ドアの部分は海のように爽やかなブルーへと姿を変えました。全体が完成したのは陽が傾きだした夕方。お昼からはじめたペイントは、約4時間かかりながらも最後まで終えることができました。
完成したお店の外観を見る森島さんご一家
完成したお店の外観を見る森島さんご一家
完成後はDOCHの森島さんご一家に一新した外観を見ていただきました。妻の久美子さんは、思わず涙ぐみながら喜ぶ姿も。企画に参加した方々に森島さんたちは丁寧にお礼を伝えていました。

外観一新の企画を行ったのはお店のお客さん!?

今回の外壁ペイントのイベントを企画したのは、「DOCHのファン」だというお客の一人n.design 根来さんと、ベネフィット+PLUS株式会社 木下さんです。
DOCHのお弁当は全て国産の食材にこだわった健康志向のお弁当。全ていちからの手作りのため、温もりを感じる優しい味わいや、森島さん一家の素晴らしい人柄に惹かれて根来さんたちは通っているそうです。

ある日「閉店も考えている」と森島さんご夫婦が話したことから、根来さんと木下さんは「もっとお店を知ってもらいましょう!一度来てくれればきっとお店の良さや商品の美味しさに気づいてくれるはず。」と、今回の企画を発案しFacebookで一緒に外観のDIYをしてくれる人たちを募ったことで実現。
企画は二つあり、一つ目は外壁を塗るペイントのDIY。二つ目は美風フラワーデザインの先生に教わりながら、花壇に花を植え直しおしゃれなガーデニングに仕上げるというものです。
ペイント当日風景 画像中央 黒いエプロン姿の木下さん
ペイント当日風景 画像中央 黒いエプロン姿の木下さん
どちらの企画も当日集まった参加者は、根来さんや木下さんを通じDOCHのお客様で企画に賛同した人や、Facebookで告知を見かけて初めて参加したという方まで様々でした。

参加した方々は、
「ペイント体験ができると聞いて、Facebookで企画をみたことをきっかけに今回応募しました。ペイントって本当に楽しいし、お店が綺麗になるのが嬉しいです!」
「大人がヘトヘトでも、子どもは嬉しそうにペイントしていて楽しそうで何よりですね。顔じゅう真っ白ですが(笑)」など、みんなが楽しんでペイントする姿が伺えました。

根来さんは「美味しいカレーを作るDOCHをもっと他の人にも知って欲しい!そのためにまずこのお店が何屋さんなのか、何が買えるのかをアピールすべきだと木下さんと話し、外観を変えてお弁当屋さんだということをもっと発信するきっかけになればと、思いました。」と、企画当時の思いも話してくれました。

実際にイベント当日はDOCH特製カレーも振舞われ、初めて食べた方たちは「美味しい!フルーティーで不思議な感じ。子どもがペロリと食べてしまって驚きました。」「絶妙な甘辛さが癖になる。次はお弁当を買いに来たい!」と絶賛し、新たなDOCHファンも作りました。
特別に振舞われたカレーを食べる参加者たち
特別に振舞われたカレーを食べる参加者たち
1979年に喫茶店としてオープンした「DOCH」は、20年前に配達専用のお弁当屋として再スタート。看板の無いお店は前を通るだけでは何屋か分からない状況であったものの、近所の方々に愛された“知る人ぞ知る”お弁当屋として長い間親しまれていたDOCH。また、去年の4月から配達だけでなく近所の常連さん用に店頭販売も始めたそうです。

今回の企画の話を根来さんから聞かされた妻の久美子さんは、「本当にそんなことやってもらっていいの?」と最初は本当に驚いたそうです。

「嬉しくてありがたくて、ただただ感謝しかありません。今まで私はお店で注文を受ける際にお客さんとは電話越しでしか知り合う機会がありませんでした。だからこそ、こうやって直接お客さんと話せる機会を持てたことが嬉しいです。
 夫が作るお店の料理は美味しくて自慢です!派手じゃないけどホッとするこの美味しさを、もっと多くの人に知っていただきたいと私自身も思っています。これを新たなきっかけとして進んでいけたらと願っています。」と、笑顔で語ってくれました。
完成したお店を前に森島さんご一家
完成したお店を前に森島さんご一家

参加者の笑顔が溢れていました!

お店に通うお客さんが、お店の「特製カレー」とご一家の「人柄」に惹かれた結果一つの企画が動き、新たな方法でお店の宣伝を大きく行った今回のイベント。今後「DOCH弁当屋」が広まり特製カレーやお弁当、そしてさらにお店を愛す人が増えるといいなとイベントに参加し感じました。
店名:DOCH 弁当屋
電話番号:073-432-5927
住所:6408214 和歌山県和歌山市寄合町14
定休日:日曜・祝日
営業時間:12:00~13:00
※配達の受付行っています。
※配達希望のお電話であれば朝9時から受付
※取り置きも行っています。
※売切れ次第終了
※注文量が多い場合など前日からの注文も受付可能

人気のキーワード