地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」和歌山市

イチオシ情報

桜や紅葉も楽しめる、和歌山城で遊覧船体験

子どもからお年寄りまで、誰でも楽しめるお城の景色と歴史

こんにちは’まちの楽しい’を発信する、IKUEです。
みなさん、和歌山城の遊覧船をご存知ですか?
今回は、お城の堀を回る話題の「城舟体験」をしてきました!

お堀で舟に乗ろう

遊覧船の様子(出典:TIC WAKAYAMA)
遊覧船の様子(出典:TIC WAKAYAMA)
和歌山城のお堀では、舟に乗って遊覧することができます。乗船は約20分で、お城の東側の岡口門を巡り、西側の紅葉谷庭園まで周遊します。
一の橋や御渡り廊下をくぐり、いつもと違う目線でまちの姿やお城の景色を楽しむことができます。

舟の運行は以前も行っていましたが、運行を終了。2016年より5年ぶりに復活しています。

舟からの景色 実際に乗船してみました

乗船場の様子
乗船場の様子
現地に出向き、さっそく乗船してみました。
舟は熊野川で作られている川下り用で、数少ない職人が作った貴重な木船で運行しています。最大7人乗りで、お子様や乳幼児も乗ることができます。
舟からの眺め 風と太陽が気持ち良い
舟からの眺め 風と太陽が気持ち良い
舟に乗ると約80mの広い堀とお城の歩道を一望できます。
まずは東堀~南の岡口門のコースから。船頭さんのガイドでお城の歴史を聞きながら、舟を走らせていきます。
お堀の中の鳥小屋
お堀の中の鳥小屋
まず目に見えてきたのが、お城の鳥小屋。
昔は夜の警備役を果たしていて、鳥の鳴き声で侵入者を監視していたのだそうです。
舟からはお城で飼われているカモやオシドリなど、野生の野鳥を間近で見ることができ、その可愛らしい姿にとても癒されました。

このスポットは正門であった岡口門や、舟からしか見れない建物を見ることができ、江戸時代の歴史を感じることができます。

次に西のコースに向かいます。
現在の正門である一の橋付近では、堀にいるコイの大群を舟から眺めることができます。タイミングが良ければ、橋を渡る人を舟から眺めることができます。知り合いがいたら驚かれるかもしれませんね。他にも、官庁街をお堀から眺めることができ、水辺からまちを楽しむことができます。
一番の見所である御橋廊下とお城の景色
一番の見所である御橋廊下とお城の景色
そして一番の見所である「御橋廊下とお城の景色」です。
御橋廊下は当時の建築を忠実に再現して作られた、木製の廊下です。普段見ることができない少し苔が生えた柱を、近くで見ることができ風情を感じます。
紅葉の時期に見応えがある鳶魚閣
紅葉の時期に見応えがある鳶魚閣
御橋廊下を通り過ぎて行き着くのは、紅葉渓。
堀の中に浮かぶ鳶魚閣(えんぎょかく)は、お殿様が釣りや昼寝を楽しむために作られた、いわゆる別荘です。贅沢な空間と美しい庭園を、水辺から堪能することができます。

これらの和歌山城の歴史は船頭が解説してくれ、遊覧をより一層楽しむことができます。舟のゆったりした時間は、20分とは思えないひと時を味わえます。

名物船頭さんの岸さん

親しみやすい船頭の岸さん
親しみやすい船頭の岸さん
船頭は竹笠をかぶった岸さん。遊覧船の運行の他に、今までも和歌山を盛り上げようと様々な活動しています。和歌山での水上イベントやドラゴンボート、昨年はグリーングリーンプロジェクトの市堀川クルージングにも参加し、小舟で運行されています。

遊覧船は2016年に吉宗将軍300年祭で期間限定で運行したことをきっかけに、常設を復活。水辺から和歌山城の魅力を発信しています。

実際にお話しすると、お城の雑学とざっくばらんな語り口で、ユーモアのある楽しい会話ができます。トレードマークのハッピと、すこしぽっちゃりとした姿で親しみやすい船頭さんです。

オススメは桜と紅葉の季節

人気の乗船時期は桜と紅葉の季節。
普段は土日祝日のみの運行ですが、桜と紅葉が堀を彩る季節のみ、期間限定で連日運行を行っています。堀に散る桜の花びらや紅葉を、一味違った角度から見ることができるため、毎年期間限定で運行しています。

また岸さんの一番のオススメは、紅葉の季節だそう。
紅葉渓とお城が水面に映る景色は、なんとも言えない美しさがあると言います。

乗船方法は当日受付が基本

受付の様子
受付の様子
乗船場所は、一の橋を渡り150メートル先の左側。近くに受付があります。定員があり、先着順となります。その他の予約・問い合わせは電話のみで受け付けています。

【利用料金】
・大人(中学生以上)700円
・子ども300円
・乳幼児(未就学児)無料(2人目から有料)

【運行期間】2017年 土日祝の3/18~6/25・9/2~12/10
【受付時間】10:00~16:00
【期間限定連日運行】お花見遊覧と紅葉遊覧は、現地もしくは問い合わせにて
【お問い合わせ先】「アルゴス」TEL073-456-6606

編集後記

乗船時はまだ桜が咲いていませんでしたが、花見や紅葉狩りの季節は景色は好評とのことです。その時はすぐに予約が埋まるそうなので、電話か現地で先着予約するのがオススメです。
IKUE
和歌山市在住。30代女性。「和歌山をみんなで楽しく暮らす」をモットーに、まちの面白いこと新しい試みを発信していきたいです。

人気のキーワード