地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」和歌山市

イチオシ情報

関西シクロクロス第11戦 和歌山ステージinマリーナシティ開催|2月12日

2017年2月12日に開催される関西シクロクロスの和歌山ステージの開催が決定しました!

今、全国で自転車が熱い!マリーナシティに自転車のビックウェーブがやってくる。

2017年2月12日に、和歌山県下初となるシクロクロスレースが開催されることとなりました!通常は河川敷や公園、空き地といった場所で行われることが多いシクロクロス大会ですが、今回「和歌山マリーナシティ」での開催のため、遊園地内など今までに無いロケーションで行われます!
また、国際レースでも使用される立体交差(フライオーバー)は、見応えのあるコースとなっています。
写真:シクロクロス 立体交差
写真:シクロクロス 立体交差

シクロクロスってなに?

シクロクロス(Cyclo-cross)とは、さまざまな障害やオフロード区間が設けられたコースを周回し、順位を競うレースです。自転車競技がオフシーズン中の冬に行われます。

シクロクロス競技専用の自転車は、ロードバイクと同じような形をしており、比較的初心者でも参加しやすい自転車となっています。速度はあがりにくく、転んでも柔らかい土などで怪我をしにくいなどコースの工夫もあり、初心者でも参加しやすいイベントとして注目されています!

一方、トップカテゴリーのレースでは、激しい戦いが繰り広げられます。コース内には、自転車を降りなければならない様々な障害物があり、そこを競いながら走る姿は、思わず選手を応援したくなるほど観戦者を惹きつけます。

近年全国的に自転車ブームとなり、参加者や観戦者が急増。非常に盛り上がっているスポーツの一つです!和歌山では初めての開催ということで、和歌山県の自転車愛好家たちをはじめ、全国の自転車愛好家たちの注目の的となっています。

実行委員が語る、シクロクロスの観戦ポイント!

今回実行委員の方に観戦ポイントを伺ったところ、ポルトヨーロッパ内を走るエキシビジョン走行はもちろん、12:40開始のC1プロ選手の走行が注目ポイントだそうです。
「男子ジュニア世界選手権出場の、村上選手の世界トップレベルの走行を含め、和歌山でのシクロクロスのレースはなかなか見るチャンスが無いため、選手たちが障害物を走り抜ける姿も合わせて、追いかけて見るとより楽しめます。」と教えてくれました。

シクロクロスは、競輪と同じように、周回するため何度も選手が目の前を走り抜けます。自転車を担いで登り障害物を跳び越え、駆け抜ける瞬間。また、スタートダッシュする瞬間とゴール間際の勝負が決まる一瞬のパフォーマンスなど、どこを見ても盛り上がること間違いなしです。実際に会場に来て、目で見て、感じてみてください。

世界初のシクロクロスエキシビジョンや、イベントブースでゆったり観戦

今回世界初の試みとなる“遊園地内”を走行するシクロクロス エキシビジョン。
選手たちが色鮮やかなウェアを着て、ポルトヨーロッパ内を駆け抜ける姿は、ヨーロッパの街中で観戦しているような錯覚をおこすかもしれません!スピードを体感できる走りに魅了されること間違いなしのエキシビジョンを、お見逃しなく。
【開催】2017年2月12日 12:15~12:30(約15分間)
【場所】マリーナシティ ポルトヨーロッパ内

同時開催として、世界一の自転車製造国台湾と和歌山が今後も自転車で繋がっていくために、前回大好評だった七曲市場の“夜市”を行った日台交流会が、レース会場にてイベントブースを出店します。飲み物などを片手に、ゆったりとレースを楽しむのもいいですね。

参加者もまだまだ募集中

《主催》関西シクロクロス実行委員会
《共催》和歌山シクロクロス実行委員会(decoja内)

《日時》2017年2月12日日曜日 7:00~16:00
《場所》和歌山マリーナシティ臨時駐車場内(第3駐車場)
《同時開催》日台交流ブース

《競技エントリー》2017年2月5日まで→こちらからどうぞ
参加者 800名(予定)
イベント開催時間 8:00~16:00

人気のキーワード