地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」和歌山市

まいぷれママの子育てあのねっと

頑張る子育てママと地域をつなぐ「あのねっと」。編集部メンバーも子育て真っ最中の現役ママ。
ママ目線で取材した情報をどんどん紹介していきます!

ボクとママの絵本箱

バレンタインの時期におすすめのラブラブ英語絵本

えいご絵本の読み聞かせ「koko Books」の菅沼直子さんがご紹介してくださいました♪

2017/02/07

kokoBooks菅沼直子さん
kokoBooks菅沼直子さん
今回の絵本箱は、えいご絵本の読み聞かせkokoBooks(ココブックス)の菅沼直子さんにバレンタインにぴったりのラブラブ英語絵本をおすすめして頂きました!
どれもかわいくて素敵な絵本ばかりですよ!

バレンタインの時期におすすめのラブラブ英語絵本

Who Will Be My Valentine This Year?

タイトル:Who Will Be My Valentine This Year?<br>作:Jerry Pallotta and David Biedrzycki<br>出版社:Scholastic Books<br>
タイトル:Who Will Be My Valentine This Year?
作:Jerry Pallotta and David Biedrzycki
出版社:Scholastic Books
「Will you be my Valentine?」…ちょっと聞き慣れないフレーズですね。バレンタイデーは、日本では女の子が男の子にチョコレートをプレゼントして告白する日、といつの間にか周知のイベントとなりましたが、実はバレンタインという言葉は「愛のために命を捧げた人」の象徴なんです。
もう三十数年前になりますが、私がアメリカで小学校に通っていた時は、クラスの子全員がお互いに「バレンタインカード」というものを配っていました。男女の区別関係なし。「いつも仲良くしてくれてありがとう!」という気持ちを込めて、一人一人にメッセージを書いていました。
もう少しおませさんになったら、この本のカバさんのように「Will you be my Valentine?」って、「恋人探し」する女の子もいました(^▽^)
「Be my Valentine」というのは、「私の恋人になって♪」という意味なんですよ!
 

A Kiss Like This

タイトル:A Kiss Like This<br>作:Mary Murphy<br>出版社:Walker Books<br>
タイトル:A Kiss Like This
作:Mary Murphy
出版社:Walker Books
いろーんな動物さんたちが親子でkiss kiss KISS!あんな風に、こんな風に、キスするよ!
ちょっとした仕掛け絵本ですが、絵がとってもホンワカかわいくて、最後のページでは、さぁ、あなたもママとキス!

Huggy Kissy

タイトル:Huggy Kissy (Leslie Patricelli board books)<br>作:Leslie Patricelli<br>出版社:Candlewick; Brdbk<br>
タイトル:Huggy Kissy (Leslie Patricelli board books)
作:Leslie Patricelli
出版社:Candlewick; Brdbk
こちらの本も、大好きなパパとママと、それからワンちゃんとネコちゃんと、おじいちゃんやおばあちゃんと、おじさんやおばさんと、ハグやキスがいっぱい!
この「おむつくん」(私が勝手に命名)シリーズの本はたくさん出ています。
しっかりしたボードブックなので、小さいお子さんと一緒に何回でも楽しめます。
色使い、絵のタッチ、そしてユーモアあふれる内容で、とてもお勧めのシリーズです。

HUG

タイトル:HUG<br>作:Jez Alborough<br>出版社:Candlewick Press<br>
タイトル:HUG
作:Jez Alborough
出版社:Candlewick Press
日本語訳の「ぎゅっ」も人気のこの絵本。色んな動物さんの親子がぎゅっ♪
でも、チンパンジーのBoboのママはどこ?ボクも「ぎゅっ」してもらいたいよ~。。。
この本を読み聞かせしている時の子どもたちの顔が、本当にたまらなくかわいいのです。
すっかりBoboくんに感情移入してます(笑)
最後、ママに会えて「ぎゅうううっ」っとした時のみんなの笑顔!
出てくる英単語はたったの3つ!なので、英語が苦手なママでも安心して読めますよ♪

The Feel Good Book

タイトル:The Feel Good Book<br>作:Todd Parr<br>出版社:Hachette Book Group<br>
タイトル:The Feel Good Book
作:Todd Parr
出版社:Hachette Book Group
この作者はポジティブ思考になれる本をいっぱい出しています。ビビッドな色使いでヘタウマな絵がトボけた雰囲気をかもし出していますが、読めば読むほど、「幸せってシンプルなものなんだなぁ」と気づかせてくれます。
この本は「こんな時、気持ちいいよね!」と、色んなシチュエーションが単純な絵で表されています。大人にもとってもオススメの絵本です。

Guess How Much I Love You

タイトル:Guess How Much I Love You<br>作:Sam McBratney and Anita Jeram<br>出版社:Candlewick Press<br>
タイトル:Guess How Much I Love You
作:Sam McBratney and Anita Jeram
出版社:Candlewick Press
「どんなにきみが好きか、あててごらん」
日本語訳も有名ですよね。
このウサギさんたちは親子?友達?兄弟?どういう関係性なのかな?と想像しながら読むと、読むたびに違う気持ちになります。最後の台詞がとてもかわいい!
写真の本は豪華版ポップアップバージョンですが、繊細な絵のタッチと大胆なウサギさんの動きにびっくりしますよ!子どもに触らせるにはちょっと勇気がいりますが…
毎回楽しくて子どもたちが絵本に集まってきます♪
毎回楽しくて子どもたちが絵本に集まってきます♪
【kokoBooksイベント情報】

親子えいご広場
※0歳~未就園児のお子さんとおうちの方、要申し込み。

英語絵本の読み聞かせ会
※幼児~小学生、申し込み不要

kokoBooks facebook
◆◆◆編集後記◆◆◆
 
バレンタインにぴったりの英語絵本いかがでしたか?どの作品も見ているだけで幸せな気持ちになります。お子さんと一緒に読み聞かせを楽しんだ後は、「ぎゅっ」とハグしてママの愛情をたくさんプレゼントしてあげてくださいね♪
あのねっとトップへ戻るあのねっととは?
  • イベント情報
  • 公園案内
  • ママタイムズ
  • 色育を学ぼう
  • サークル紹介
  • 習い事・お稽古
  • 絵本箱
  • 子育て応援ショップ
  • 子育て支援情報
  • 病院・薬局一覧
  • 誰か教えて!
  • お出かけレポート