地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」和歌山市

まいぷれHOUSING

【和歌山の不動産・住宅情報なら】ざっくばらんに家バナシ。|sumica×まいぷれ和歌山

今回のテーマは中古物件のリフォーム! おトクに理想のマイホームが手に入るって本当?

sumica×まいぷれ和歌山 コラボ記事!

家族みんなが楽しく豊かに暮らすために、一度は思い描くマイホームの夢。

「和歌山で理想のマイホームがほしい!!」そう心の中でつぶやいた時、あなたのマイホーム計画の始め時かもしれません。「何からすればいいの?」、「いつ買うべき?」、「いくらで買えるの?」など、お家探しを始めると出てくる素朴なギモンや不安の数々。人生最大の買い物ですもの、当然ですよね。

“和歌山で住みたい方を応援したい!”そんなハートに火が点いたまいぷれは、同じ和歌山地域密着の不動産屋さん「スミカ(sumica)株式会社」に相談。不動産・住宅情報に特化した「ざっくばらんに家バナシ」のコーナーが実現したのです!


第4回目はマイホーム購入で気になる中古物件のリフォームについて。耐震性やコスト面、リフォーム事例のビフォーアフターなど、和歌山地域密着の不動産屋さん【スミカ株式会社】の吉松三喜さんに聞いてきました!


"注文中古住宅"は、おトクに賢いマイホーム計画?

 

中古住宅を購入して好きにリフォームする"注文中古住宅"という新しい買い方。一体どんなメリットがあるんでしょうか? 選ばれる理由を聞いてみました。

 

やっぱり中古住宅と新築ではコスト面で大きく違いますか?

新築と比べれば注文中古住宅には「お得感」がありますね。コスト面では感覚値として3割くらい差があると思います。中古住宅はリフォームしてもお安く済むケースが多いですね。

中古住宅のリフォームって多いですか?

昔の中古住宅は質の悪いものが多かったんですが、昭和56年(「旧耐震法」から「新耐震法」への切り替え時期)以降の比較的強固な基準で建てられている中古住宅は人気が高く、よく売れています。

中古と新築の流通量を比べれば中古の方が多いので、選択肢が多いことを理由に、中古を選ばれる方もいらっしゃいます。

 

新築を考えていたけれど、やっぱり中古住宅をリフォームしようと変わるお客さんも?

そういう方はもちろんいらっしゃいますよ。新築がいいと思う理由にもよると思うんですよ。

新築を希望されるお客様のご要望として多いのが、

 

「キレイな方がいい!」→リフォームで解決できます!

キレイな方がいいという理由で新築を選ばれるんだったら、もちろんリフォームをすればキレイになります。女性の方はよく水廻りを気にされますね。水廻りはやはりデリケートな箇所ですので、過去に誰かが使ってらっしゃったものよりも、キレイな方がいいという方は多いと思います。もちろんそういったお悩みはリフォームで解決できます。

 

「古い間取りが嫌だ」→間取りの変更をご提案!

壁付キッチンのあるキッチンルームが6畳、その隣に使い勝手の難しい和室が8畳。そういった昔の古い間取りが嫌だという方もいらっしゃいます。今はそれもつなげることができるので解決できます。

キッチンルーム6畳と8畳の和室をつなげて14畳のフローリング貼のLDKにすることもできますし、対面キッチンにすることもできます。ある程度はお客様の思うように間取りの変更ができることも"注文中古住宅"の魅力です。

間取りを変更する為、解体

間取りを変えて広々とした空間に!

逆に、注文中古住宅に向かない人は?


「ゼロから間取りを作りたい!」 というお客様は新築をおススメします。ゼロから作り上げる面白さというものは新築にあるものなので、注文中古住宅で叶えることは難しいですね。


新築は「ゼロから」、リフォームは「今あるものから」作っていくという考え方ですね。


今あるものをどう自分たちの生活に近づけていくか? 間取りをぶち抜く、和室を洋室に変える、仏間を収納に変える…色々な方向性があります。見つけた中古住宅を自分たちの暮らしにどこまで近づけていけるかという面白みがあると思うんですよね。



リフォームで中古住宅はこう変わる ~中古+リフォームの実例をご紹介~


キッチン


見た目のオシャレさだけでなく、節水機能も備わっているため、エコに使用することができます。また、上部の吊戸棚を取り払うことで室内を広く明るく見せることができるよう工夫しました。

ビフォー

アフター

お風呂(ユニットバス)


浴槽や壁、床や天井を入れ替えることで、掃除がしやすくなるのはもちろん、断熱性に優れているため保温性があり、浴室自体が暖かくなります。そのため、冬に怖いヒートショックの対策としても効果があります。

ビフォー

アフター

壁紙(クロス)

 

汚れや破れなどがあるクロスの張り替えをすると、お部屋が明るく雰囲気もガラッと変わり気持ちもリフレッシュされます。また、最近の傾向としては壁の一部分に色物や柄物のクロスを張る「アクセントクロス」が人気です。

ビフォー

アフター

床(フローリング)


面積の広い床のリフォームはガラリとイメージを変えたいという方にピッタリです。色味を変えるだけで室内の雰囲気を一新することが可能です。

ビフォー

アフター

和室→洋室


要望される方が増えているのが、和室から洋室へのリフォームです。畳からフローリングへ変更するだけでなく、押入だった収納をクローゼットに変更することで、収納スペースをより有効活用することが可能になります。

ビフォー

アフター

外構工事(駐車場の新設・増設)


昔のように一家に1台ではなく、今では1人1台なんてことも珍しくないため、駐車スペースの増設を要望されるお客様も多いです。一見、スペース確保が難しそうな場所でも増設が可能な場合もありますので、ご相談ください。

ビフォー

アフター

フルリノベーション


一度、柱と基礎以外のほぼ全てを解体し、自由な間取や要望が実現できるリノベーション。リノベーションを前提とした中古住宅探しでは、間取りや内装の条件に捕らわれることがないため、対象となる物件の選択肢を増やすことができ、希望のエリアや立地でのお住まいを叶えることができます。

ビフォー

ビフォー(解体中)

アフター

資金計画から始まるマイホームづくり

 

どのような流れで物件やリフォームを決めていくのですか?

月々に返せる金額と預貯金の額などからマイホーム購入にあてる正確な予算を把握したら、エリアを決めて物件を探していきます。

 

予算を把握するところから始めようということですね。

やはりお金の話が一番大事になってくると思うので。賃貸に住んでいた方がマイホーム購入で住宅ローンをしっかり組むと、月々の支払い額は大きく上がります。今のお家賃より大きく上がっても問題ないという方もいらっしゃれば、上げるのはきつい方もいらっしゃる。今はご夫婦で収入があっても、奥さんが妊娠、出産されると収入はお一人分になりますよね。将来設計も踏まえて今のお家賃と比較しながら、ご予算を導き出していくことが大切です。

 

※マイホーム資金計画について、詳しくはこちら!

ざっくばらんに家バナシNo.3「気になる『お金の話』。教えて!土地やマイホーム購入のためのリアルな資金計画とは?」

あくまでも一例ですが…

予算が2400万円のお客様の場合、諸費用(仲介手数料や登記費用、銀行に支払う諸手数料など)が10%ほど必要となりますので、実際にマイホームに費やすことのできる金額は2160万円となります。
ここでこの2160万円をすべて物件購入に使うのではなく、物件分とリフォーム分に分けて考えることが大切です。とお客様にはお伝えします。状態の良い1260万円の中古住宅を購入し、残りの900万円をかけて外壁から水廻りも含め一新するといったイメージですね。

 

 


実際、この例のような物件ってあるんですか?

エリアによります。2400万円というご予算で「吹上で考えています」と言われたら「ちょっと厳しいですね」と話をさせてもらう可能性は高いでしょうね。吹上はやっぱり安くても一坪40~50万、高いと70~80万なので、50坪買ったら優に2000万円を超えてしまいます。

希望するエリアに選択肢がなければエリアを変えるか、予算を再考する形になります。自己資金を増やすか毎月の返済額を上げるか…。その結果「紀三井寺の方にエリアを変えます」となると一気に現実的になります。


リフォームはどうやって進めるんですか?

スミカで中古住宅を購入頂くとリフォームを含めトータルでサポート致します。ご自身で中古住宅を購入し、リフォームをしようと思っても、電気工事屋さん、クロス屋さん、大工さん、基礎屋さん、屋根屋さん、板金屋さん…全て自分で段取り出来ないですよね。それをスミカが全て引き受け、適切な工事、メンバーをアレンジしていきます。

更に弊社には女性のコーディネーターがいるので、空間レイアウトから色決めまで全てお手伝いさせて頂きます。2級建築士とインテリアコーディネーター、元大工の現場監督。このメンバーでお家をトータルサポートするという形ですね。

リビングのリフォーム例

耐震、設備の劣化は? 注文中古住宅の実際

 

耐震のことを心配される方が多いと思いますが…?

耐震性について気にされるお客様は昭和56年以降の中古住宅をオススメします。合わせてスミカは2級建築士と元大工の現場監督がしっかりチェックさせてもらいます。合わせて客観的な外部業者に数万円で依頼すれば「ホームインスペクション」という建物の欠陥調査を受けることができるので、気になる方は購入前にそれを入れてもらえると安心だと思います。安全性が見えない家を買うよりは、ちゃんと調査を受けて認定を貰えると確実で安心ですよね。

 

設備の劣化や故障についても気になりますが…?

水廻り設備は消耗品ですし15年くらいでダメになる事がありますので、築15年の中古を2000万円で買っても、すぐに設備が壊れる可能性があります。中古住宅を買うなら、最初からしっかりとリフォームをかけた方が長く安心して住めますよね。住んで1年ほどでキッチンやお風呂といった水廻りの設備が壊れ、入れ替えや修理に100万円以上かかってしまったという事態は誰しもが避けたい所だと思いますので。


まとめ

今回は「中古住宅+リフォーム=注文中古住宅」のお話でした。マイホーム購入を検討するなら、自分たちの生活にぴったりな家を目指したいものです。

「中古住宅が気になるけれど、リフォームでうまくいくのかしら?」と思われているなら、ぜひスミカさんをたずねてみてください。ライフスタイルに合ったマイホームの購入に対して、親身に相談にのってくれるはずですよ。また、スミカさんなら、中古住宅の購入とリフォームをまとめて「住宅ローン」として借りることができるので、月々の負担が軽くなります。
注文中古住宅がますます気になってきましたね!

誰かが使っていたお家を引き継いで、「どうリフォームすれば私たちらしいお家にできるかしら?」とあれこれ家族で相談できる面白さは、注文中古住宅ならではの魅力だと感じました。

 

 

【吉松三喜プロフィール】


小さい頃から父親がみかん農家と不動産を自由に経営する姿をみて育ち、いつか自分も自営業をしたいと思いながら育つ。神戸の大学を出て独立するため、経営コンサルティング会社→コンサルのクライアント先の不動産会社(東京)で企画、営業の勉強をする。東京の不動産会社では入社2年目にトップの営業成績を上げ、その後、和歌山に帰郷。休業状態であった父の会社を引き継ぐ。創業20年、和歌山城近くに本社を構え、現在は8名の仲間と日々お客様と向き合っている。


『不動産会社に行くのって、なかなか勇気がいることだと思います。そんなお客様は一度よろしければスミカのホームページをご覧になってください。お客様が探されているエリアの不動産情報をチェックできるのはもちろん、当社の雰囲気・人柄を感じていただけると思います。
それがお客様の一歩を踏み出す勇気につながれば…、それが私たちにとっての至福の喜びです。』

◆スミカ株式会社HP http://www.e-sumica.com/

編集後記


 第3回目の『ざっくばらんに家バナシ』いかがでしたか?

また、この記事を読んでいただいているそこの、アナタ!不動産や中古物件へのアナタの疑問も募集しています。
下記メールフォームからどしどしお送りください!

質問受付用メールフォーム

 

では次回もお楽しみに!

 

合わせて読みたい!バックナンバー

>No.1 和歌山市のお家探しを始めると出てくる素朴なギモンや不安の数々にお答えします!
>No.2 『和歌山市のエリア』情報!スミカの営業さんにオススメのエリアをお伺いしました!

>No.3 今回のテーマは気になる『お金の話』土地やマイホーム購入のためのリアルな資金計画とは?

\ざっくばらんに家バナシ。初のイベント開催!/
 吉松三喜さんに土地や住宅のお悩み・ 疑問をとことん聞いてみよう!
『お茶会イベント!ケーキセット付き♪』イベント詳細はこちら

この記事に関するキーワード