地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」和歌山市

まいぷれHOUSING

【和歌山の不動産・住宅情報なら】ざっくばらんに家バナシ。|sumica×まいぷれ和歌山

土地・建物・中古住宅 和歌山市のお家探しを始めると出てくる素朴なギモンや不安の数々にお答えします!

sumica×まいぷれ和歌山 コラボ記事!

家族みんなが楽しく豊かに暮らすために、一度は思い描くマイホームの夢。

「和歌山で理想のマイホームがほしい!!」そう心の中でつぶやいた時、あなたのマイホーム計画の始め時かもしれません。「何からすればいいの?」、「いつ買うべき?」、「いくらまでなら買えるの?」など、お家探しを始めると出てくる素朴なギモンや不安の数々。人生最大の買い物ですもの、当然ですよね。

そこで“和歌山で住みたい方を応援したい!”そんなハートに火が付いたまいぷれは、同じ和歌山地域密着の不動産屋さん「スミカ(sumica)株式会社」に相談。今回からスタートの「ざっくばらんに家バナシ」のコーナーが実現したのです!

 

第1回目は、スミカ株式会社の代表取締役、吉松三喜さんにインタビュー。和歌山の不動産事情から、気になっていたあの質問までドーンとぶつけちゃいました。

スミカ株式会社 代表取締役 吉松三喜さん

----まず、和歌山は住みやすいと思いますか?

 

私は、もともと有田川町出身で、大学で神戸→就職して大阪→東京と何年か大都市圏に住みました。色々なエリアを移り住んで感じるのは、和歌山は優しい人柄の方が多く、物価も安い、治安も(場所によりますが)いいので、子育て世代の方にも住みやすいと思います。

 

----吉松さんが思う和歌山の地域性って?

 

土地を探しているお客様で言うと、東京では、たまたま住み始めた場所が住みやすいので現状のエリアでいいという、それほどこだわりのない方が多いのに対し、和歌山は比較的地元の方が多く、エリアに強いこだわりを持っている方がほとんどです。
実家との位置関係や、学校区など、地元とのつながりを強く求める方が多いと思います。

 

----最近の和歌山の不動産事情は?

 

エリアの人気不人気の差が激しいですね。不動産自体の値段は比較的下がってきているのですが、学校区やエリアを気にされる方が多いので、人気があるところは物件がなかなか出ないですし、他のエリアでは選択肢がたくさんあるという両極端な状態です。一見、空き家が多いので、たくさん物件があるように思われますが、運命の物件に出会うには根気とタイミングが必要です。

お客様の中には運命の物件に出会っても、なかなか買ってハンコを押す勇気が出ない方も多いので、不動産会社の立場から言うのもなんですが、時には「えいやー」の思い切りも大事だと思います。

大きな買い物の時には、親や兄弟に相談すると反対されがちで、どうしたらいいのかよくわからなくなってくる…。ということもあります。誰も責任とってくれないですしね。誰かに一定のアドバイスを求めることは大事ですが、ある程度心の中で決まっていたら、勇気を持って決断することですね。

 

 ----スミカさんは、よくある不動産屋さんのイメージと違い、おしゃれで親しみやすく、若い世代の方でも相談しやすいイメージですが、心掛けていらっしゃることとは?

 

私は不動産業界に、10年ほど携わらせてもらっていますが、見失いがちなのが、一般の方は不動産を一生に何度も買うわけじゃないということです。ジュースのように安いものなら、コンビニで買っても、誰から買っても別に気になりませんよね。

でも『不動産』はそうではなくて、購入する物件の内容だけでなく、誰から買うかも大事です。過去の業界歴史的には、営業が「フルコミッション」と言って、固定給ゼロ、家を売った分だけ歩合が入るので、何としても決めないと今月ご飯が食べられないという給料形態の会社も多かったんです。その結果、お客さんに厳しい強引な営業が行われていったことが積もりに積もって、不動産業界に対してダーティーなイメージがついてしまったんだと思います。私達スミカが注意していることは、「顔が見える会社になりたい」...若いスタッフも多く、話しかけやすそうないい意味で気安さのある会社。「お客様に無理な営業はしない」...買わないと言っているのに無理強いしたり、度重なる訪問や深夜に電話などの迷惑行為はしないなど、あくまでお客様ペースで、お友達の一人のような感じで、お家探しのお手伝いが出来ればと思っています。

 

 

 

 ----今も怖い不動産屋さんはいますか?

 

笑い話ですが、見た目怖い方はいっぱいいますよ(笑)。ただ、見た目云々ではなく、大きな金額が動く商売ですので、過去にお客様の意図しない営業をする営業マンに、不快な思いをしたというお話はよく聞きます。やはり担当の方との相性は重要ですね。

 

 

----スミカさんは、1500件もの物件を扱っているそうですね

 

和歌山県内外の不動産会社のネットワークを活用し、うちが直接担当している物件も含め、和歌山市内で1500件、海南・有田エリアも合わせると2000件ほどの物件をご紹介することが可能です。
それだけの物件量があったとしても、お子さんが小学校に入っていたりすると、希望の物件に出会うのは大変です。1つポイントをアドバイスさせていただくとすると、例えば、高松小学校区の隣の雑賀小学校区のように、環境はさほど変えずにご希望のエリアを少し広げ、選択肢を増やしてみるのもいいかもしれませんね。

 

 ----素朴な疑問ですが、建物や土地そのものの金額はどうやって決まるんですか?

 

まず、不動産のオーナーさんに対して相場のお話をさせていただきます。「この近辺はここ最近坪20万で取引されていますので、土地50坪×20万で土地の価値としては1000万円。建物はまだ使えるものの、築35年と古いものになりますので200万円。トータル1200万円ぐらいが相場かと思いますが、いかがでしょうか?」とお話しすると「昔はもっとしたからもう少し高い金額で売りたい」とか「そんなに高い金額じゃなくても早く売りたい」など、オーナーさんのご意見が出ますので、その後は不動産会社の担当とオーナーさんとの間で話し合いを行い、金額を決める形となります。また、不動産屋さんが直接買い取りを行うケースもあります。その場合はリフォームを行い、物件をより魅力的にした上で、不動産屋さんが価格を決定し、販売を行います。

----マイホームを考えた時、いくらぐらいの物件が買えるのかわからないのですが...。

 

そうですね、マイホームと言っても新築一戸建てに限らず、分譲マンションや中古マンション、中古住宅などスタイルは人それぞれですが、自己資金がいくらあって、月々の支払額はいくらまで大丈夫か?ローンがいくら組めるか?をまず確認しないといけませんね。

自分が払える月々の支払額、土地と家にかける金額のバランスなどご不明な点がございましたら何でもお気軽にご相談ください。

 

----土地探しで気になることなんですが、いわゆる「いわく付きの物件」は、お知らせしてもらえるものですか?

 

自殺、殺人、放火、自然死で長期間放置されたものなどは、告知が義務化されているので、お客様が気にされるような情報は包み隠さず全てお知らせします。多くのお客様はそういった“いわく”を気にされますが、中には気にされない方もいらっしゃいますので、そのようなお客様は相場よりぐっと低い金額で不動産を購入されています。

 

 

----狙っている物件の近所の情報って調べてもらえますか?

 

人によっての価値観はさまざまですので、ご近所の方の情報については、ご自身で足を運んでみるのが一番いいと思います。ちょっとしたお菓子などを持って行って、物件の近くの方に聞いてみてはいかがでしょうか?ただ、住んでいる人は引越しなどで結構変わりますし、住んでからでないとわからないこともあるので、あまり気にしすぎない方がいいかもしれません。もし現地の様子を見に行かれるなら時間帯を変えて行ってみるのがおすすめです。

----マイホームをお考えの方にメッセージをお願いします

 

不動産は高い買い物なので、本当に縁もタイミングも大事になりますが、担当する不動産会社であったり、担当する営業マンも非常に大切になってきます。このコーナーで、お客様が間違いない物件と会社、担当者を選んでもらえるようなお話をしながら(もちろんスミカを選んでいただけるとうれしいですが)、スミカ以外にもいい不動産会社はたくさんあるので、いい物件に出会えるお手伝いが出来ればと思っています。

 

 

____色々教えていただきありがとうございました!

 

 

【吉松三喜プロフィール】

 

小さい頃から父親がみかん農家と不動産を自由に経営するのを見て育ち、いつか自分も自営業をしたいと思いながら育つ。神戸の大学を出て独立するため、経営コンサルティング会社→コンサルのクライアント先の不動産会社(東京)で企画、営業の勉強をする。東京の不動産会社では入社2年目にトップの営業成績を上げ、その後、和歌山に帰郷。休業状態であった父の会社を引き継ぐ。創業20年、和歌山城近くに本社を構え、現在は8名の仲間と日々お客様と向き合っている。

 

『不動産会社に行くのって、なかなか勇気がいることだと思います。そんなお客様は一度よろしければスミカのホームページをご覧になってください。お客様が探されているエリアの不動産情報をチェックできるのはもちろん、当社の雰囲気・人柄を感じていただけると思います。
それがお客様の一歩を踏み出す勇気につながれば・・・、それは私たちにとっての至福の喜びです。』

◆スミカ株式会社HP http://www.e-sumica.com/

編集後記


 第1回目の『ざっくばらんに家バナシ』いかがでしたか?不動産に無知なまいぷれスタッフが色々な疑問をぶつけちゃいました!社長の吉松さん、とても気さくないい方で、時には真剣に時には冗談を交えながら楽しく質問に答えていただきました。この『ざっくばらんに家バナシ』まだまだ始まったばかりです。次回も不動産や中古物件の疑問やお金のアレコレを質問しちゃいます!

また、この記事を読んで頂いているそこの、アナタ!不動産や中古物件への貴方の疑問も募集しています。
下記メールフォームからどしどしお送りください!

質問受付用メールフォーム

 

では次回もお楽しみに!

この記事に関するキーワード