地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

和歌山の地域情報サイト「まいぷれ」和歌山市

わかやまサイクリング情報

自転車でつながる和歌山 NO.1

毎月第1水曜に更新する「わかやまサイクリング情報」のコラムコーナーがスタート!

今月から毎月和歌山サイクリング情報を発信していきたいと思います。役に立つ情報から小さな話題、サイクリングに関するいろいろな情報を書いていこうと思います。ぜひ参考にしてください。


では本題です。


自転車と和歌山って本当に相性が良いのでしょうか?

和歌山は魅力あるスポットが点在しています。本当にたくさんの観光施設や立ち寄りどころがあります。逆を言えば、点在していてどこに行ったらいいかわからない。ってことですよね。

例えば和歌の浦って紀三井寺から雑賀崎まで歩くのは…歩けなくは無いですが…

イヤですよね、バスを待っててもいつになるか…

例えば加太から岬町に行きたいって思ったら…歩くには遠すぎる。電車は…

例えば和歌山駅から和歌山城に行って、そのあと市内の名所旧跡を巡りたいなんて考えていたら…

答えは自転車が解決してくれます。

 

自転車ならすべてのコースを攻略できますよね。ママチャリでもゆっくり走れば15kmくらいならだれでも走れますし、一日あれば30kmでも走れます。

もちろん、暑い、しんどいなどいろいろな課題があるかもしれません。

だけど、それ以上の楽しさが自転車にはあります。


風を感じ、音を聞き、空気を味わい、目で楽しむ。運動の後はおいしい食がさらにおいしく感じるはずです。


イメージできますか?

先ほどの和歌浦の例を挙げてみると。

海辺の風を感じ、波の音を聞きながら、さわやかな空気の中で日本遺産和歌の浦を楽しむ。昼食はシラス丼。オシャレなカフェで休憩しながら名所を巡る。


歩くのとは全然違いますよね。

自転車は手軽な乗り物なはずですが、まだまだ利用者の少ない和歌山。そんな和歌山で自転車に乗ってみると、本当に新しい発見がいっぱいあります。

 

自転車と和歌山って本当に相性が良いのでしょうか?


その答えは、自転車に乗って和歌山を走ってみて下さい。

ライター・編集者

和歌山サイクルプロジェクト(WCP)代表 ニシバ(ニックネームです)

自転車王国を民の力で作るために日々活動中。自称和歌山一の自転車大好き人間です。

編集後記

初の記事第1号、言いたいこと知ってもらいたいこといっぱいありますが、文章って難しいです。一人でも多くの人に自転車乗ってもらいたいなぁと思いながらこれからも書いていこうと思います。

この記事に関するキーワード

人気のキーワード